体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

トレーニング, 指導案

部活中に起きやすい怪我と対処法⑧陸上長距離

5979 views

はじめに

部活の陸上長距離では、どのような怪我を起こしやすいのでしょうか。そして、どのような対処法があるのでしょうか。気になるところですね。長距離ランナーに起こりやすい怪我や対処法について触れていきたいと思います。

陸上長距離をしているときに起こりやすい怪我とは?

陸上の長距離走をしているときに起こりやすい怪我としては、肉離れ、筋膜炎、腸脛靭帯炎が原因の膝の痛み、アキレス腱炎、シンスプリント、股関節の痛みなどがあります。肉離れでは、怪我をした直後ではまともに歩けない状態になります。腱鞘炎は、肉離れの手前の状態で、ピリッとした痛みを伴うのが特徴となります。2週間程度は安静にすべきでしょう。これらの怪我をしてしまったときの練習方法として、エアロバイクを活用した持久力トレーニングというものがあります。

エアロバイクを活用したトレーニング

エアロバイクに乗っても故障の程度によっては痛みが生じないこともあります。痛みが出ないのであれば、痛みの出ない範囲で運動を継続することができます。エアロバイクでは、ランニングとは違い、接地のときの衝撃が無いため、膝や脚部の筋肉にかかるストレスがほとんどありません。持久力を維持しながら、心肺機能を向上させるトレーニングをすることもエアロバイクを用いれば可能となります。

怪我の対処法

怪我や筋肉疲労に対する方法として、アイシングがあります。怪我を未然に防ぐためにも、膝や足に異変を感じたらアイシングをして足を休ませることが大事だと思います。

まとめ

陸上長距離では、肉離れや筋膜炎、腸脛靭帯炎、アキレス腱炎、シンスプリント、股関節の痛みを生じやすいことがわかりました。これらの怪我を負った場合は、各部位にアイシングをして休ませること、怪我や故障時にはエアロバイクを利用した練習を行うことで負荷を下げることができることがわかりました。しかし、無理は禁物なので、無理のない範囲で運動をしたいものですね。

【関連記事】
陸上競技指導案②【長距離走】

長距離が苦手な子どもがマラソンを完走するためのモチベーション維持の仕方

陸上競技指導案①【短距離走】


関連記事

お子さんの栄養素足りてますか?
お友達と比べて背が低い子どもならば、今から対策しないと後悔します。
シェイクックは今なら特別に半額!

▼詳細はこちら▼

指導案の最新記事

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199776 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 182593 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 135956 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111816 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 102522 views

人気のキーワード


カテゴリー