体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: 回転運動

  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおいて具体的にどのような内容を取り入れて授業を進めていくのが良いかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    初回授業

    ・教師から児童へ、マット運動(回転運動)のねらいや進め方、注意点を説明する

    ・用具の準備や片付けの方法などについて説明をする

    ・準備運動ペアあるいは3~4人のグループを組ませる

    ・現在どのような動きによる回転が出来るかを各々チェックしあう(エンピツ転がり、だるま転がり、前転がり、後ろ転がりなど)

    なか授業

    ・用具の準備や片付けについても、各児童が協力しあい素早く行うことが出来るように指導する

    ・チェックシートや感想用紙を各児童に配布し、教師が指定した転がり方が出来ているか、どの児童が上手に回れているか、また、上手に回れている児童はどこが違うのかなどを各々記入するようにする

    ・グループごとで協力しあって、励ましあい、失敗した児童には助言と優しい言葉がけ、成功した児童には「おまでとう」といった、互いを思いやる言葉がけが出来るように指導する

    ・マット上にテープなどで線を引くなどをして、その線の上をまっすぐ転がることが出来ているかを互いにチェックする

    ・新しい転がり方を提案した児童の案を積極的に取り入れるが、安全性は確保する

    ・教師は各グループを見てまわり、児童同士でケンカがないか、目標達成に向けて協力して励まし合っているかなどをチェックしてまわる。

    まとめ授業

    ・エンピツ転がり1回転から連続5回転

    ・だるま転がり1回転から連続3回転

    ・前転がり1回転から連続3回転

    ・後ろ転がり1回転から連続3回転

    ・上記の目標に各児童がどこまで達成出来たかを計る

    ・マット運動(回転運動)を終えて、各児童がどのような手応えを感じたかなどを、感想用紙に記入させる

    【関連記事】
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    6004 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおける体や心の成長目標を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    身体的目標

    ・マットの上で児童が身体を回転させることが出来るようにする。

    ・「回転する」ということに対する恐怖心を軽減出来るようにする。

    ・ただ回転するだけではなく、綺麗な姿勢で正しく回転することが出来るようにする。

    ・姿勢を維持したまま、連続で回転することが出来るようにする。

    ・様々な姿勢で回転することが出来るようにする。

    ・児童が普段意識しなかった自分の身体の仕組みや感覚について、自覚的に理解することが出来るようにする。

    道徳的目標

    ・数に限りがあるマットで運動するにあたって、児童が順番を守ることが出来るようにする。

    ・ペアやグループで練習することで、互いの意識を高め合うことが出来るようにする。

    ・相手の失敗や成功に対して、「ドンマイ」や「おめでとう」など肯定的な言葉がけを出来るようにする。

    ・相手の失敗に対して、次回成功するための助言を与え合うことが出来るようにする。

    ・相手の成功に対して、どこが良かったかを話し合い、相手への自信と、自分の成功への糧へとすることが出来るようにする。

    ・児童同士が励まし合うことによって、共感的にお互いが成長を感じられるようにする。

    【関連記事】
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    マット運動を楽しい授業にするコツ
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    3428 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(特性と実態)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおける特性を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    小学2年生を対象としたマット遊びの特性

    ・地面とは違いある程度の安全性が認められているマットの上で転がる運動である。

    ・児童にとっては、普段の運動ではやらない動きであるため、新しい「自分の身体の動かし方」を知ることが出来る運動である。

    ・頭と足が上下反転する運動であるため、児童の三半規管を刺激し、平衡感覚の成長を促す運動である。

    ・得意な転がり方を児童が自分で考えることによって、自身の身体の特徴を考えるきっかけになる運動である。

    ・なめらかに転がれたり、連続で転がれたりすることによって、児童に楽しさと達成感を与えることが出来る運動である。

    ・他の児童の動きを観察し、真似してみることによって、「自分の動きを客観的に見る」あるいは「他者との得意な動きの違いを見る」ことが出来る運動である。

    小学2年生を対象としたマット運動の実態

    ・過半数の児童にとっては、マットの上で回転するというのは「面白い、楽しい、気持ち良い」といった反応を得ることが出来る。

    ・また、そういった感想を述べる児童は「回るのが楽しい、好き」といった将来的に繋げることが出来る感覚を得ることが出来ている。

    ・課題を達成出来た児童は、「褒められると嬉しい」と言った感想を述べている。

    ・高度な回転が出来ない児童は、「あまり出来ないため大変楽しい運動ではない」といった感想も述べられる。

    ・運動が苦手な児童は「出来ないから楽しくない」といった感想を述べられる。

    ・全児童共通で、「失敗すると頭などを打つから痛い」といった感想が述べられる。

    【関連記事】
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象特性と実態

    3863 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199657 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 182578 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 135945 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111802 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 102511 views

人気のキーワード