体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: マット

  • 指導案

    倒立前転を楽しくするコツ

    はじめに

    マット運動のひとつの大技とも言える「倒立前転」。単純に見ると、倒立と前転をかけ合わせたものなのでシンプルな気がしますが、いざ試してみるとなかなかうまくいかないもの。今日はそんな倒立前転が出来るようになり、少しでも楽しい時間になるような内容を書いていこうと思います。

    倒立前転はどのようにしたらできる?

    倒立前転は高い倒立の状態から首を曲げて前転をするので、少し怖いイメージを持つ生徒さんもいるかもしれません。そんな子のために、倒立前転を分解して見せてあげましょう。

    倒立前転を分解!

    ①振り上げ動作(床に手を付き、足を振り上げる。)
    ②倒立(手の上に足が真っ直ぐにくる倒立)
    ③前転動作(背中を丸め、前方に回転する。)

    シンプルに考えると、倒立前転は、手や足の支えで姿勢を維持しそのあと背中をマットに設置して回転する技です。

    ①②③が上手くできるように段階に分けて、説明します。

    倒立前転の練習方法

    まず、はじめに、倒立前転の練習方法ですが、日本人ならば、①②③と練習したくなりますが、倒立前転に関しては、順番通りではなく、最も簡単な動作の順番から行っていくことをオススメします。順番としては、③②①となります。

    では、早速練習していきましょう!!!

    Lesson1

    イケてる前転は、手押し車で練習しよう!!

    はじめに、倒立前転の「前転」を練習します。

    倒立前転の前転は、一般の前転よりもしっかりと腕を使わないといけません。

    というのも、普通の前転よりも、足、腰の位置が高いので、上手に姿勢を下げていかなければなりません。

    そこで、効果的な練習を一つご紹介します!

    それは、「手押し車」です。

    マットの上で手押し車を行い、少し歩いたあとに、前転をする練習を行います。

    これにより、今後必要になる、腕で体を支える力、高い位置からの前転練習を同時に行えます。

    Lesson2

    倒立は、まずは、壁倒立から挑戦!!

    次のレッスンは、倒立の練習です。

    ただ、倒立は、はじめからマットを利用して行うとできる子とできない子の差が大きく出てしまいます。

    そこで、誰でもできる倒立練習を紹介します。
    それが、「壁倒立」です。

    壁倒立は、まずはお腹を壁に向けて、よじよじ壁倒立から行い、頭が逆さまになる感覚を身に着けましょう。

    その後、動画のように壁を使って歩けるようになれば、倒立のときの恐怖はなくなっています。

    Lesson3

    振り上げ動作は、三点倒立から始めよう!!

    振り上げ動作は、何より、恐怖心が一番問題です。

    手で支えられなかったらどうしよう。倒立のあとに前転できるかな。どのくらい蹴ったらいいんだろう。

    色んなことを考え、なかなか思い切って振り上げをできません。

    そこで、まずは、三点倒立で振り上げ動作を確認します。

    そこで、振り上げたあとにお尻に力を入れて、倒立で止める感覚を身につけましょう。

    Lesson4

    倒立前転を、1,2,3でマスターしよう!!

    最後は、倒立前転を行っていきます。そこで重要なのは、

    1,2,3のカウントを、子供達に言わせることです。

    1、遠くをみて、足を大きく振り上げながら、「1」

    2,お尻を締めて、倒立姿勢で「2」

    3,おへそをみて、前転したあとに、「3」

    大きな声で、元気よく、声を出してもらいます。

    数字をいうことで、しっかりと今までの練習したことを思い出し、タイミングよく倒立前転することができます。

    まとめ

    マット運動並びに倒立前転は、肘を曲げるタイミングが上手く行かないと頭のてっぺんから落ちてしまいます。安全には十分気を付け、生徒たちにも注意がけをしながら行いましょう。

    またマット運動が地味であまり好きになれない生徒もいるかと思います。
    マット運動を楽しい授業にするコツも考えてみたので、是非参考にしてみてください。新しいウォーミングアップにも利用でそうです。

    【関連記事】
    マット運動を楽しい授業にするコツ
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    小学生の体力づくり② 【いろいろな鬼ごっこ②】

    63785 views
  • 指導案

    マット運動を楽しい授業にするコツ

    はじめに

    どの学校でも少し地味な種目として捉えられる「マット運動」。
    もちろん地道な練習が功を成すものなので、地味なことが悪いとは思わないのですが少しでも楽しい授業展開ができれば尚良いですよね。従来のマット運動の内容も踏まえつつ、どのような方法をとったら面白いか、考えてみました。

    地味な種目、マット運動

    そもそもなぜマット運動が「地味」と感じるのかを考えた時、一番に思いつくのがレールに乗ったような反復練習の繰り返し、ということです。マット運動が得意な子どもにとっては、一回一回の技を極めるなど意識して行うので楽しいかもしれませんが、特に興味がない子どもにとっては流れてしまう時間になってしまいます。
    そこで今日は少しサーキット的な要素も取り入れたやり方をご紹介します。

    実践!

    【キリン歩き】
    まずは、手首足首を中心にストレッチをしてから、4つ足歩行で進みます。
    慣れてきたらこれで鬼ごっこやリレーをするのもウォーミングアップとしてはGOODです。膝の裏の筋を伸ばし、手や足のストレッチにもなります。


    (フィットネスマット使用事例)

    【手押し車】
    次に2人組になって、手押し車です。
    持つ場所は足首、もしくは膝下がお勧めです。前歩きが基本ですが、コーンを置いてレースのようにするのもいいですね。


    出典:日本体育大学運動方法体操研究室

    【前転レース】
    前転をしながらレースです!チーム戦にしても面白そうですね。スピードを出すので倒立前転などは難しいですが、正しいフォームの方が速く回れるということを教えてあげれますね。


    (https://www.youtube.com/watch?v=6Jbb-6xQXW0)

    前転のやり方はこちら

    (https://www.youtube.com/watch?v=vNRRjiT6MtM)

    おわりに

    反復練習のマット運動だからこそ、練習しながら自分たちの力になる方法を考えてみました。ウォーミングアップは毎回行うものなので、その時間を通してマット運動の基礎を固めたりするのも良いでしょう。

    【関連記事】
    倒立前転を楽しくするコツ
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    14834 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおいて具体的にどのような内容を取り入れて授業を進めていくのが良いかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    初回授業

    ・教師から児童へ、マット運動(回転運動)のねらいや進め方、注意点を説明する

    ・用具の準備や片付けの方法などについて説明をする

    ・準備運動ペアあるいは3~4人のグループを組ませる

    ・現在どのような動きによる回転が出来るかを各々チェックしあう(エンピツ転がり、だるま転がり、前転がり、後ろ転がりなど)

    なか授業

    ・用具の準備や片付けについても、各児童が協力しあい素早く行うことが出来るように指導する

    ・チェックシートや感想用紙を各児童に配布し、教師が指定した転がり方が出来ているか、どの児童が上手に回れているか、また、上手に回れている児童はどこが違うのかなどを各々記入するようにする

    ・グループごとで協力しあって、励ましあい、失敗した児童には助言と優しい言葉がけ、成功した児童には「おまでとう」といった、互いを思いやる言葉がけが出来るように指導する

    ・マット上にテープなどで線を引くなどをして、その線の上をまっすぐ転がることが出来ているかを互いにチェックする

    ・新しい転がり方を提案した児童の案を積極的に取り入れるが、安全性は確保する

    ・教師は各グループを見てまわり、児童同士でケンカがないか、目標達成に向けて協力して励まし合っているかなどをチェックしてまわる。

    まとめ授業

    ・エンピツ転がり1回転から連続5回転

    ・だるま転がり1回転から連続3回転

    ・前転がり1回転から連続3回転

    ・後ろ転がり1回転から連続3回転

    ・上記の目標に各児童がどこまで達成出来たかを計る

    ・マット運動(回転運動)を終えて、各児童がどのような手応えを感じたかなどを、感想用紙に記入させる

    【関連記事】
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    5409 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおける体や心の成長目標を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    身体的目標

    ・マットの上で児童が身体を回転させることが出来るようにする。

    ・「回転する」ということに対する恐怖心を軽減出来るようにする。

    ・ただ回転するだけではなく、綺麗な姿勢で正しく回転することが出来るようにする。

    ・姿勢を維持したまま、連続で回転することが出来るようにする。

    ・様々な姿勢で回転することが出来るようにする。

    ・児童が普段意識しなかった自分の身体の仕組みや感覚について、自覚的に理解することが出来るようにする。

    道徳的目標

    ・数に限りがあるマットで運動するにあたって、児童が順番を守ることが出来るようにする。

    ・ペアやグループで練習することで、互いの意識を高め合うことが出来るようにする。

    ・相手の失敗や成功に対して、「ドンマイ」や「おめでとう」など肯定的な言葉がけを出来るようにする。

    ・相手の失敗に対して、次回成功するための助言を与え合うことが出来るようにする。

    ・相手の成功に対して、どこが良かったかを話し合い、相手への自信と、自分の成功への糧へとすることが出来るようにする。

    ・児童同士が励まし合うことによって、共感的にお互いが成長を感じられるようにする。

    【関連記事】
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    マット運動を楽しい授業にするコツ
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    3117 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(特性と実態)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおける特性を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    小学2年生を対象としたマット遊びの特性

    ・地面とは違いある程度の安全性が認められているマットの上で転がる運動である。

    ・児童にとっては、普段の運動ではやらない動きであるため、新しい「自分の身体の動かし方」を知ることが出来る運動である。

    ・頭と足が上下反転する運動であるため、児童の三半規管を刺激し、平衡感覚の成長を促す運動である。

    ・得意な転がり方を児童が自分で考えることによって、自身の身体の特徴を考えるきっかけになる運動である。

    ・なめらかに転がれたり、連続で転がれたりすることによって、児童に楽しさと達成感を与えることが出来る運動である。

    ・他の児童の動きを観察し、真似してみることによって、「自分の動きを客観的に見る」あるいは「他者との得意な動きの違いを見る」ことが出来る運動である。

    小学2年生を対象としたマット運動の実態

    ・過半数の児童にとっては、マットの上で回転するというのは「面白い、楽しい、気持ち良い」といった反応を得ることが出来る。

    ・また、そういった感想を述べる児童は「回るのが楽しい、好き」といった将来的に繋げることが出来る感覚を得ることが出来ている。

    ・課題を達成出来た児童は、「褒められると嬉しい」と言った感想を述べている。

    ・高度な回転が出来ない児童は、「あまり出来ないため大変楽しい運動ではない」といった感想も述べられる。

    ・運動が苦手な児童は「出来ないから楽しくない」といった感想を述べられる。

    ・全児童共通で、「失敗すると頭などを打つから痛い」といった感想が述べられる。

    【関連記事】
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象特性と実態

    3510 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1024805 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 157187 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 114245 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 97113 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 81365 views

人気のキーワード