体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」


はじめに

冬場の体力づくりの時期に取り入られる「大縄跳び」
連続跳びや八の字跳びなどがシンプルで主流とされていますが、子ども達がある程度できるようになると少し飽きがみえてきてしまいます。そこで今日は今までの授業に少しプラスアルファーした大縄跳びのバリエーションをご紹介します!さて、全部に挑戦できるかな?

動画で紹介!

▼大縄3本を走り抜け!
シンプルな連続跳びや、八の字跳びに飽きてきたら、まずこれ!一度も跳ばずに全員駆け抜けれるかな?


https://www.youtube.com/watch?v=D7X255WONzE

▼走って・跳んで・取って!
縄に対して垂直に並び、跳んだ先にあるアイテムとキャッチして戻ってきます。縄を跳ぶ向きが変わるだけで一気に難易度があがるので、戻ってきた子に対してハイタッチをするなど、まずはアイテム無しから挑戦してみましょう!


https://www.youtube.com/watch?v=4w3Xg9rGodk

▼ダブルタッチ!
大縄を1本増やし、内側にクロスするように回します。片足ずつ跳ぶやり方になるので、少しスピードもアップし、心拍数が上がるのが◎!ゆっくり回しから練習してみましょう!

https://www.youtube.com/watch?v=RmQA-vJTmGk

▼大縄2本でクロスジャンプ!
回し手を2人増やして、互いにクロスするように(☓印のように)立ちます。
☓印の中心に向かって、ジェンプ!跳んだ後に左右に分かれたり、2人一緒に縄に入るのも面白いですね。


https://www.youtube.com/watch?v=6YKGOvubbJI

▼音楽に乗せてステップしながら縄跳び!
ダンスと縄跳びのコラボレーション!リズム感覚を一緒に養えそうですね。


https://youtu.be/qPOGJ3j9AOE?t=3m43s

さいごに

シンプルだからこそ面白い大縄跳びですが、少しアイテムを増やしたり音楽や跳び方を工夫すると一気に難易度もあがりますね。身近で授業や遊びだけの世界にように見える縄跳びですが、近年ダブルタッチなど、競技としても盛んになってきています。今後はバリエーションが多い授業を通し、競技の世界に足を踏み入れる子も増えて来るかもしれませんね。縄跳びはジョギングのように徐々に心拍数を上げてくれるので、ぜひ冬場の体力づくりだけに限らず、夏場のウォーミングアップにも取り入れてみてくださいね。

【関連記事】
長縄跳び教育指導案-小学6年生対象身体的・道徳
【小学校体育】大縄跳びを全員一回跳べる様になるコツ
日本が誇る縄跳びパフォーマー達


関連記事

お子さんの栄養素足りてますか?
お友達と比べて背が低い子どもならば、今から対策しないと後悔します。
シェイクックは今なら特別に半額!

▼詳細はこちら▼

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111816 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 7175 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 8690 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 5037 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199771 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199772 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 182592 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 135956 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111816 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 102520 views

人気のキーワード


カテゴリー