ホーム » 小話 » 初心者でも分かるポジションの役割(テニスダブルス)
a

初心者でも分かるポジションの役割(テニスダブルス)

小話

はじめに

2人で協力して得点を取る、テニスのダブルス。
シングルスと違って、勝つためにはペアの協力が不可欠です。

今回はそのテニスのダブルスのルール、前衛と後衛の役割について紹介していきます。

ダブルスのルール

①シングルスと違い、コートの広さが違う
②サーブを打つ時は相手と交互に打つ。またペアとも交互になるようにする。

大きくは上記の2つが大きく違いますが、細かいルールも中に存在します。
ルールを理解して見ると、テニスの面白さがより1層伝わると思います。

後衛

後衛の役割は相手が打ちづらく、攻撃がしにくいショットを打つこと。
無理にショットを決めに行くのではなく、相手が返球しにくいボールを打つことが重要になります。
そうすることで前衛にいる選手が攻撃しやすく、得点できる可能性が高くなります。
後衛は前衛が攻撃するためにどうチャンスを作るかが、勝利するためのキーポイントです。
後衛は運動量が多く、体力が必要になりますが、後衛ががんばった分だけ前衛が決めてくれると考えると、とてもやり甲斐のあるポジションでもあります。

前衛

ダブルスで得点を取るのは前衛にいる選手です。
前衛はネットに近い位置でプレーするため後衛よりも返球にかかる時間が短く、相手も返球しにくいです。
後衛から強い球を打つより、前衛から強い球を打つ方が得点になる確率は高いです。

後衛ががんばって作ったチャンスを前衛がどう決めるかが1番の見所。
前衛の運動量は後衛より少ないですが、担う役割はとても重要です。

前衛が得点を取れるペアは強いです。
そのためにペアで協力して作戦を考えたり工夫して試合をしないといけません。

まとめ

後衛は攻撃チャンスを作る、前衛は得点を取りに行く、これがダブルスの醍醐味。
試合を見ていると後衛ばかりが目立ってしまいがちですが、前衛にもちゃんとした役割があり大きな責任があります。

こういったことを知って見ると視点も変わります。
これをきっかけにもっとテニスについて興味をもってほしいです。

【関連記事】
ソフトテニス指導案②~基本テクニック~

中学校体育テニス指導案⑥ダブルスの組み方と練習方法

中学校体育テニス指導案⑦ダブルスゲームいろいろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました