体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」
  • 指導案

    岡山だけ?Aバッジってもらった?

    はじめに

    皆さんは「Aバッチ」という物をご存知でしょうか?見た目は学級委員や委員会のバッチのように見えますが、実は体育の授業の体力テストでA評価をもらった子にもらえるバッチです。体力テストでA評価をもらっても賞状やカードしかもらったことがない、という方も多いと思うのですが、、実は47都道府県中、1つの県でしか取り入れられていない制度だということが分かりました。あまり聞かない話だと思うので、ぜひ授業の小話に取り入れてみて下さい!

    (写真お借りしています)
    http://okirakuda.exblog.jp/16482272/

    体育の授業のAバッジってしってる?

    さて、このAバッジ制度がある都道府県ってどこなのでしょう?中国地方にある、岡山県です。桃太郎に出てくる“きびだんご”が有名な県ですね。今回は岡山県の教育委員会に電話をしてAバッチが作られた経緯を聞いてみました。

    何が目的でバッジ制度が出来たの?

    岡山県教育委員会担当者様に質問をしてみました。

    SATOSHI「他県は賞状のみの授与なのですが、なぜ岡山県にはバッチがあるのでしょうか?」

    教育委員会様「詳しい文献が残っていないので始まりの経緯が分かりかねますが、岡山県では、子ども達の体力が向上するために総合評価Aを取得した児童生徒に対して優秀章(バッジ) を配布バッチを授与しています。賞状ももちろんですが、バッチが欲しい!という気持ちで体力テストに望むことにより、運動する機会を増やし、より運動へ興味を持ってもらうきっかけづくりをしています。」

    ということでした。ちなみに、昔は「1級バッチ」と呼ばれていたそうです。

    まとめ

    Aバッチ制度を取り入れることで、岡山県では「Aバッチを取るぞー!」と子ども達が意気込んでいる様子が多々ブログでも見受けられます。それだけ「Aバッチ」の存在が大きく、体力テストに気持ちが入りやすい理由にもなっているのでしょうね。

    さらに、岡山県では「みんなでチャレンジランキング事業(H 18 年度より実施)という取り組みも行われており、小学生等が学級またはグループ単位で様々な運動にチャレンジし、ホームページ上でその記録を競い合って運動の習慣化をはかっていることも分かりました。Aバッチを始め、今後も岡山県の運動に対する取り組みに注目ですね。

    【関連記事】
    マット運動を楽しい授業にするコツ
    クロールが泳げるようになるコツ①
    【中学校の授業】基本を抑えよう、跳び箱開脚跳

    7962 views
  • 指導案

    倒立前転を楽しくするコツ

    はじめに

    マット運動のひとつの大技とも言える「倒立前転」。単純に見ると、倒立と前転をかけ合わせたものなのでシンプルな気がしますが、いざ試してみるとなかなかうまくいかないもの。今日はそんな倒立前転が出来るようになり、少しでも楽しい時間になるような内容を書いていこうと思います。

    倒立前転はどのようにしたらできる?

    倒立前転は高い倒立の状態から首を曲げて前転をするので、少し怖いイメージを持つ生徒さんもいるかもしれません。そんな子のために、倒立前転を分解して見せてあげましょう。

    倒立前転を分解!

    ・思い切って床に手をつく
    ・倒立をして、数秒間逆さまで立つ
    ・前転して決めポーズ!

    シンプルに考えると、倒立前転は、手や足の支えで姿勢を維持しそのあと背中をマットに設置して回転する技です。1~3が上手くできるように今度は動画を使って説明します。

    倒立前転のやり方

    ①頭に重りがついていると思ってその重りを下に向けて落とします。
    ・手をつく位置と視線は少し遠めにしましょう。倒立がやりやすくなります。マットにテープを張ってあげてもいいですね。
    ・両手を着くと同時に勢い良く足を振り上げます。天井から足が攣るされているようなイメージを持ちましょう。
    ・自分が棒になったイメージを持って下さい。

    ②手は下の床を押し返すようにします。目線は手と手の間を見ること!
    ・足を前に出しすぎるとそのまま足方倒れてしまうので注意。

    ③そのまま、おヘソを見ながら前転をします。
    ・肘を曲げることを指導すると、手をついた瞬間から肘を伸ばさずに前転にいってしまい危ないので「肘を曲げる」という話はあまりしなくてもよいと思います。

    ④視線はおヘソを見たまま、最後まで顎をひいて前転に入ります。

    まとめ

    マット運動並びに倒立前転は、肘を曲げるタイミングが上手く行かないと頭のてっぺんから落ちてしまいます。安全には十分気を付け、生徒たちにも注意がけをしながら行いましょう。

    またマット運動が地味であまり好きになれない生徒もいるかと思います。
    マット運動を楽しい授業にするコツも考えてみたので、是非参考にしてみてください。新しいウォーミングアップにも利用でそうです。

    【関連記事】
    マット運動を楽しい授業にするコツ
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    小学生の体力づくり② 【いろいろな鬼ごっこ②】

    18823 views
  • トレーニング, 指導案

    【小学生】鉄棒に意欲や関心を示すには

    はじめに

    何事もあまり得意じゃないものは意欲は湧きません。鉄棒は特に得意不得意で別れがちな運動です。どうすれば鉄棒を克服できるのでしょうか?

    鉄棒と仲良くなろう!

    まずは鉄棒に慣れ親しみましょう。いきなり回ろうとして失敗すると鉄棒が怖くなってしまいます。

    ①最初はとりあえずぶら下がりましょう。揺れたりしても楽しいです。親子で勝負すると楽しいかもしれませんね!握力が上がって姿勢も良くなるのでぜひ一緒にやってみてください。

    ②10秒ぶら下がれるようになったら鉄棒に跳び乗る「つばめ」にチャレンジしましょう。小さいお子さんの場合だと、最初は鉄棒に上がるためのジャンプ力や腕の力がない子もいます。そこは理解してあげて、継続的に鉄棒に行って一緒に力をつけてください。

    ③つばめができるようになったら体を曲げ手を離して鉄棒にぶら下がる「ふとんほし」、つばめの状態から足を曲げて前に回って着地する「前回り下り」…と難易度の低いものからひとつずつチャレンジしていきましょう。

    難易度順鉄棒の技

    【初級】ある程度の筋力があれば、比較的すぐ習得できる技です。☆
    ・つばめ
    ・ふとんほし
    ・前まわり下り
    ・足抜きまわり

    ・こうもり

    ・地球まわり

    【中級】なかなかすぐにはできず、練習が必要になってくる技です。
    ・だるま回り(前後)

    ・膝かけ上がり

    ・後方膝かけ回り

    【上級】かなりの練習が必要になってきます。
    ・逆上がり

    ・前方膝かけ回り

    ・こうもり振り降り

    ・前方支持回転(空中前回り)

    ・後方支持回転(空中逆上がり)

    ・グライダー

    ・地獄まわり

    ・天国まわり

    ・蹴上がり

    まとめ

    鉄棒は有名なものだけでもたくさん技があります。ひとつずつ練習してコツを見つけられるようになると次第に楽しくなってくるものです。友人や先生仲良くなる機会にもなりますし、できたときの達成感は大きいです。練習すれば必ずできるようになります!鉄棒が楽しくなりますように!

    【関連記事】
    球技 小学生低学年が投げる力を付けるには?(基礎編)

    【小学校】運動会の代名詞~騎馬戦~

    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象特性と実態

    1239 views
  • トレーニング, 指導案

    ゼロから始める跳び箱入門①道具の準備の仕方

    はじめに

    跳び箱…ただ箱を飛び越えるだけという運動ですが、色々な飛び越え方があったり、跳ぶタイミングやリズム、助走などによって出来栄えが左右したりする奥深く楽しいものです。今回はそんな跳び箱の道具の準備の仕方を紹介します。

    跳び箱の選び方

    まずは跳び箱本体です。ひとくちに跳び箱と言っても色々あります。
    目安として、8段目が奥行120cmのものなら中学生~大人向け、100cmなら高学年の小学生や中学生向け、80cmなら低学年の小学生向けという感じです。また高さが50cmで段ごとにバラバラにならない幼稚園生向けのものもあります。
    またぶつかっても痛くないソフトタイプや手をつく位置などがわかりやすいライン入りの跳び箱、カラーの跳び箱などもあります。

    ロイター板の選び方

    ロイター板には競技用の高さが18cm以上のもの、高学年の小学生~大人向けの15cm以上のもの、幼稚園生~低学年の小学生向けの10cm以上のものがあります。高ければ高いほど跳躍力は大きくなります。
    また、クッション材の有無も選べます。全てのロイター板に足への衝撃を緩和するためのカーペット等が設けられていますが、更に足にやさしい、スポンジが設けられているものもあります。

    小学生の場合、ロイター板による跳躍力がつきすぎてうまく飛べない場合もあります。その場合はロイター板より跳躍力が少ない「踏切台」を使いましょう。

    セットの仕方

    跳び箱本体、ロイター板の他に安全な着地のためのマットを用意すればスペースさえあればもう、跳び箱はできます。セットの仕方は簡単。跳び箱の手前にロイター板もしくは踏切台を置き、奥側にマットを敷くだけ。跳び箱は運ぶときは1番上が重いのでそれを先に下ろすと楽です。段数の番号は書いてある面を揃えて置くようにしましょう。

    まとめ

    跳び箱、ロイター板もしくは踏切台、マットがあれば跳び箱は始められます。着地だけのためのマットですが、安全に運動するためにマットもしっかり用意するように。また十分なスペースも確保するようにしましょう。勢いがつきすぎてぶつかってしまったら怪我をしてしまいます。
    また、跳び箱は結構重いので運ぶ際は気をつけてください!跳び箱、楽しみましょう!

    【関連記事】
    ゼロから始める跳び箱入門②必要不可欠な準備運動

    ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ

    ゼロから始める跳び箱入門④開脚跳びができない原因

    5936 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑥縄跳び授業の振り返り

    はじめに

    縄跳びは、生徒の体力強化には最適ともいえる運動のひとつです。ひとりでも自発的に運動に取り組めますし、長縄などで仲間と一緒に遊ぶこともできる運動です。近年、遊びの室内化が進み、運動の二極化が顕著になってきています。同じ学年の生徒でも体力に個人差がかなりついてきているのです。休み時間の過ごし方も、外で運動をする生徒がいる一方、室内でおとなしく絵を描いたり、オルガンを弾いたり、パソコンをする生徒も少なくないのです。室内遊びから外への遊びに目を向けさせるのに、縄跳びはよいきっかけとなります。

    縄跳びの指導案

    目標を持って楽しく体力づくりに取り組めるようにする必要がありました。そのために、体ほぐしの運動と体力を高める運動の2つに重点を置いて運動を行わせるよう指導しました。体ほぐしの運動では、体への気付き、体の調整、仲間との交流を狙いとしました。体力を高める運動では、生徒自身の体力向上を目指しました。体のほぐし運動では、仲間とともに音楽に合わせて体を動かすことで、運動の楽しさや心地よさを体感し、自分や仲間の体の状態にも気を回せるようにし、体の調子を整えるようにしていきました。体力を高める運動では、体の柔らかさを高めたり、機敏な運動に重点を置いて行ないました。

    縄跳びの授業を振り返り

    最初はまったく縄跳びができなかった生徒も、リズムに合わせた練習や仲間と楽しく遊ぶ中で、跳べるように成長していったと思います。縄をタイミングよく跳べない子や、同じリズムで両足跳びができない子には、指導者が一緒に跳んであげることで、跳び方を教えることに繋がったと思います。順序だてて、最初は両足跳びから始め、その場かけ足跳び、ケンケン跳び、あや跳び、交差跳び、二重跳びと徐々に難しい跳び方にチャレンジさせていきました。最後の二重跳びまで達成できなくても、縄跳びの楽しさは十分に学べたかと思います。縄跳びの楽しさを理解させるのが授業の目標なので、目的は果たしたといえるでしょう。

    まとめ

    目標を持って楽しく縄跳びの授業を受けさせることが重要でした。最初はまったく跳べなかった子も授業の最後では縄跳びができるようになったかと思います。授業を通じて縄跳びの楽しさを知り、普段の遊びにつながれば幸いと思います。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案①マット運動

    中学実習生のためのシンプル指導案①バスケ導入

    中学実習生のためのシンプル指導案①マラソン導入

    1600 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑥柔道授業の振り返り

    はじめに

    柔道の授業を振り返り、指導者は怪我や事故の防止に努める必要がありました。また、初めて柔道を学ぶ生徒が多いことが想定され、体力・技能面が大きく異なる相手に対して、しっかりと受け身を取って怪我の防止に努めさせることも大事でした。生徒自身が怪我についての知識をしっかりと持ち、積極的に安全に向けて取り組むことが必要といえます。

    柔道の授業を振り返り

    まず柔道で習得しておくべき基本として、受け身があります。また、技を習得する際に、実際にお手本として見本の技のかけ方を見せることで、生徒に理解を深めさせます。固め技では、「参った」の方法を、授業の早い段階で周知させておくことが事故の未然防止に繋がります。
    そのようなことも含め、生徒にどのような技でどのような事故が起こりうるかを事前に説明しておくことは大変重要なことです。受け身では、回転の失敗で、肩の脱臼や鎖骨骨折を起こす可能性が考えられます。背負い投げでは、受け身をした腕が自分の身体の下敷きになったり、身体が宙で回りすぎて肩や顔を畳にぶつける、頭部を畳に強くぶつけるといった怪我の可能性が考えられます。大内刈りや大外刈りでは、受け身をしっかり取れず、後頭部を強打する可能性があります。払い腰では、技をかけた者が頭頂部から畳に突っ込み怪我をする可能性があります。

    怪我をしないために

    組み手などを行う場合は、事故防止のため、右組で統一させます。あとは、受け身の練習にしっかり時間を割くことが重要といえます。受け身の練習には次のようなものがありました。
    フラフープを使って受け身をとる、二人一組で四つん這いになった状態からの横受け身の練習、膝立ちになった状態からの横受け身の練習、怪我を防ぐ後ろ受け身の練習、大外刈りのかけ方の練習と受け身の取り方の練習といったものです。

    まとめ

    柔道の授業を振り返り、改めて安全指導に気を配らなければならないことを念頭に置き、指導にあたっていかなくてはならないということがわかったかと思います。そのためにも、柔道の基本の習得は必須であり、少ない授業時間の中、工夫して一人ひとりが習得していけるよう指導を行っていく必要があります。

    【関連記事】
    【中学校】日本の武術シリーズ~柔道~

    中学校体育テニス指導案①ボールに慣れる

    中学実習生のためのシンプル指導案①卓球導入

    1350 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④レベルアップした縄跳び跳び方

    はじめに

    縄跳びは、慣れてくるとぴょんぴょんと連続して跳べるようになり、自発的に楽しめる一人遊びです。また、みんなで楽しく縄跳びで遊ぶといった楽しみ方もあり、幅の広い運動です。近年の遊びの室内化から、外へ目を向けさせるためにも、そのよいきっかけとなる運動が縄跳びです。

    レベルアップした縄跳びの跳び方

    最近の生徒は集中力が続きません。そこで集中力を続かせるため、ある工夫をします。例えば縄跳びに結び目をつけたりですとか、トイレットペーパーの芯を通して重りにするのです。ビーズロープですとまだ重さがあって良いのですが、ヒモ製やビニール製の縄跳びは軽すぎるので重りが必要なのです。また、どこでジャンプすればよいのかの目安にもなるので跳びやすくなります。あとは、両足ジャンプが安定しないときは、指導者と一緒に手を繋いでジャンプをしてみます。身体が触れ合った状態でジャンプをするとジャンプのリズムをつかみやすくなります。

    レベルアップした縄跳びの跳び方②

    これらができるようになったら、次は長縄に挑戦です。実は前跳びよりも長縄のほうが簡単なのです。モノに長めのヒモをくくりつければ指導者ひとりでも生徒数名と一緒に遊ぶことができます。長縄も、前跳びと同様に、移動してくる縄に注意してタイミングを見てジャンプするという一連の同じ動作をするので簡単であるといえます。練習の息抜きでもいいですし、次のステップとして挑戦という形でも良いので長縄も経験させて楽しく縄跳びを遊ばせるということが大切です。そして、一本の縄跳びで一緒に跳ぶ二人跳びというものもあります。最初は指導者が一緒に回して上げてタイミングを掴ませて、あとは生徒同士でやらせるという形になります。

    まとめ

    レベルアップした縄跳びの跳び方として、重りを使った練習や、一緒にジャンプをするといった方法がありました。あとは、長縄、二人跳びといったものもあることがわかりました。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案⑤縄跳び実技テスト

    中学実習生のためのシンプル指導案⑥縄跳び授業の振り返り

    中学実習生のためのシンプル指導案①剣道導入

    1325 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③縄跳び基本練習メニュー

    はじめに

    縄跳びは、縄・輪・ゴムひもなどを使ってタイミングを測って跳んだり、動きに合わせて自分の身体を動かして遊ぶ運動です。そして、実は縄跳びは、自然法則に反した運動なのです。人はジャンプをするとき、腕を振り上げて勢いをつけますが、縄跳びでは腕を振り下ろしてジャンプをするのです。生徒は自然な動きを真似るのは得意ですが、縄跳びのように不自然な動きを真似るのは難しいのです。

    縄跳びの基礎練習メニュー

    縄跳びは、休み時間にする遊びとして昔から親しまれている運動です。そして、縄跳びを習得するのに間違った道具を選んでしまうと上達を妨げてしまうことになるので注意が必要です。そんな縄跳びの基本的な練習メニューは次のようなものになります。

    前跳びの練習ステップ

    最初は縄を持たず、ジャンプの練習をします。運動をあまりしてこなかった生徒ですと、両足ジャンプも上手にできない子が多いです。指導者がお手本を見せたり、両手を持ってあげて一緒にジャンプをしてあげるとジャンプへの理解が深まります。両足ジャンプができるようになったら、空中でジャンプしながら手を叩く練習をします。腕の振り上げを行わずにジャンプをするので、不自然な動きとなります。手を叩いたり、両ヒザを叩いたり、おしりを叩くなどの運動を取り入れると生徒も楽しんで練習に取り組んでくれます。

    前跳びの練習ステップ②

    これらができるようになったら、次は障害物を飛び越える練習をします。ロープや箱を飛び越えることで、向かってくる縄を飛び越える感覚を養います。慣れてきたらボールや棒など動く障害物を飛び越える練習をしてみると良いでしょう。ここまでできるようになったら、いよいよ縄跳びを持っての練習に入ります。縄跳びができるようになったら、前に歩きながらですとか、走りながら跳ぶ練習をします。遊びの延長線上で教えていくことが重要です。

    まとめ

    縄跳びの基礎練習メニューとして、まず前跳びを覚えるということが挙げられます。これにも段階があって、遊びの延長線上で教えていくことが大切です。次々得られる達成感を大切にして、指導していくようにしましょう。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案④レベルアップした縄跳び跳び方

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤縄跳び実技テスト

    中学実習生のためのシンプル指導案⑥縄跳び授業の振り返り

    1084 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤縄跳び実技テスト


    はじめに

    縄跳びは、生徒の体力強化にはとてもよい運動です。ひとりでも自発的に運動に取り組める点もよいところです。現在運動の二極化が進み、体力面で個人差がかなりついてきています。休み時間の過ごし方が、外でサッカーをしたり運動をする生徒がいる一方で、毎日室内で絵を描いたりオルガンを弾いたり、パソコンをする生徒も少なくないのが現状です。室内遊びから外への遊びに目を向けさせるよいきっかけとなる運動のひとつが縄跳びです。

    縄跳び実技テストの指導案

    目標を持って楽しく体力づくりに取り組めるようにする必要があります。そのために、まず体ほぐしの運動と体力を高める運動の2つに意識を向けて運動を行わせるようにしたいところです。体ほぐしの運動では、体への気付き、体の調整、仲間との交流を狙いにします。体力を高める運動では、生徒自身の体力向上を狙いにします。体のほぐし運動では、仲間とともに音楽に合わせて体を動かすことで、運動の楽しさや心地よさを体感し、自分や仲間の体の状態を気にさせ、体の調子を整えるようにしていきます。体力を高める運動では、体の柔らかさを高めたり、機敏な動きを高める運動に重点をおいて行ないます。

    縄跳び実技テスト

    縄跳びは経験を積むことで跳べるようになるものです。縄をタイミングよく跳べない子や、同じリズムで両足跳びができない子もいます。縄跳び実技テストでは、次のようなことを見ていきます。両足跳びができるかどうか。その場かけ足跳びができるか、ケンケン跳びができるか。あや跳びができるか。交差跳びができるかどうか。二重跳びができるか、です。両足跳びは30回を目安に、その場かけ足跳び、ケンケン跳びは10回を目安に、あや跳び、交差跳びは5回を目安に、そして二重跳びはできるかできないかを目安に判断していきます。

    まとめ

    指導案としては、体ほぐしの運動と体力を高める運動の2つに意識を向けることが重要です。実技テストでは、何回跳べるかというものが跳び方によって目安が変わるというところに着目しておきます。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案⑥縄跳び授業の振り返り

    中学実習生のためのシンプル指導案①陸上リレー導入

    中学実習生のためのシンプル指導案①柔道導入

    254 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②縄跳び基礎知識

    はじめに

    縄跳びは、縄・輪・ゴムひもなどを使ってタイミングを測って跳んだり、その動きに合わせて自分の身体を動かしたりして遊ぶ運動です。個人競技なので、一人ひとりの生徒がそれぞれの能力・段階に合わせた練習に取り組むことができます。従って、達成感を味わえる授業を行え、また、競争的な授業も行うことのできる運動です。近年の遊びの室内化が問題視される中、屋外での遊びのきっかけとして縄跳びは良いきっかけになり得る運動といえます。

    縄跳びの基礎知識

    縄跳びは、休み時間にする遊びとしても昔からよく楽しまれている運動です。その人気は、サッカー、鉄棒に次いでいます。また、縄跳びは腕、肩、膝、腰、脚と全身を使った運動なので、全身を均等に鍛えることができます。縄跳びには、両足跳び、その場かけ足跳び、ケンケン跳び、あや跳び、交差跳び、二重跳びなどの種類があります。これらの跳び方を達成できるように指導者は指導をしていく必要があります。さて、まず縄跳びをするにあたり、初めて縄跳びをする生徒は回す感覚を養うことが大切です。ある程度の重さがあって、空気抵抗の大きい縄跳びを使うと回す感覚が養われやすいです。ビーズロープなどが適しています。

    跳び方の練習の基礎

    最初は縄を持たずにジャンプの練習をします。指導者がお手本を見せたり、両手を持って一緒にジャンプしてあげると、ジャンプに対する理解が深まります。ジャンプができるようになったら、次は空中で手を叩く練習をします。それができるようになったら今度は、障害物を飛び越える練習です。走り幅跳びのようにして、ロープや箱を飛び越えてみます。こういった練習は、向かってくる縄を飛び越える感覚を養ってくれます。ここまできたらやっと縄跳びを持っての練習に入ります。

    まとめ

    縄跳びは、全身を動かす運動なので、全身を均等に鍛えることができることがわかりました。そして、縄跳びには両足跳び、その場かけ足跳び、ケンケン跳び、あや跳び、交差跳び、二重跳びなどの種類があることがわかりました。跳び方の練習は、段階を追って徐々にステップアップしていくと良いといえます。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案③縄跳び基本練習メニュー

    中学実習生のためのシンプル指導案④レベルアップした縄跳び跳び方

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤縄跳び実技テスト

    253 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120706 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19575 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18823 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11180 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views

人気のキーワード