体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

中学実習生のためのシンプル指導案②ハンドボール基礎知識

733 views


はじめに

中学校にはハンドボールが得意な生徒・苦手な生徒少なからずいるでしょう。
まずはハンドボールについて知るという事が大切です。
今回はハンドボールのルールと競技についてご紹介します。

ハンドボール・競技編

「コート」
ハンドボールのコートは、40m×20mです。
選手はこのコート内で攻防を繰り広げます。

「ゴール」
ゴールの大きさは高さ2m×幅3mです。
この狭いゴールで得点の攻防を繰り広げます。

「正規の試合時間」
高校生以上は、前半30分・後半30分
中学生は、前半25分・後半25分
休憩時間は15分
正規の時間で勝敗がつかなければ5分休憩の後10分間

「チーム」
1チーム7名で行います。
選手の交代は自由に行えます。
コートプレイヤーとゴールキーパーは違うユニフォームを着用することが義務です。

「ボールの扱い方」
ボールの保有期間は3秒までです。
ステップの範囲は3歩までになります。
ボールに足で触れることは反則です。
身体がボールと接触していいのは膝から上になります。

ハンドボール・ルール

「得点妨害」
明らかな得点機会を妨害した場合は反則です。
選手全員でゴールに押し寄せて、ゴールプレーを阻止する行為が該当します。

「オーバータイム」
ボールを3秒以上保持する行為がオーバータイムとなり反則です。

「オーバーステップ」
ボールを所持した状態で4歩以上歩く行為が該当します。

「ダブルドリブル」
ドリブルしたボールを一度もって、再度ドリブルすると反則です。

「プッキング」
相手を押す・突き飛ばすなどの行為が該当します。

「キック」
キーパー以外が足でボールを扱うと反則プレイです。

「パッシングプレー」
攻撃・シュートをせず、ボールを所持し続けると反則プレイになります。
サッカーやバスケは、パッシングプレイというのはありません。
ハンドボールならではのルールです。

まとめ

ハンドボールを行っている生徒は少ないのが現状です。
しかし、ルールはバスケやサッカーとほとんど同様なので親しみやすい競技になっています。
指導者として、まずはハンドボールのルールを抑えておきましょう。


【関連記事】

中学実習生のためのシンプル指導案③ハンドボール基本練習メニュー

中学実習生のためのシンプル指導案④ハンドボールゲーム

中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハンドボール実技テスト


関連記事

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8740 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 673 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 843 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 529 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120716 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120717 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19575 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18823 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11181 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8740 views

人気のキーワード


カテゴリー