体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: ドッチボール

  • 指導案

    ドッチボール戦術④誰を外野に選ぶべきか

    はじめに

    ドッチボールはチームでパスを回し、相手の守備を崩して勝利のチャンスを掴みます。

    ドッチボールは相手の内野の選手にボールを当てないといけないため、チームの攻撃力がとても重要です。
    今回は外野に着目して、どういった選手を外野に配置したらいいのかを基本的な部分も書きながら説明していきます。

    外野のルール

    外野は試合開始時に外野のエリア内に1人以上11人以下いないといけません。
    外野から相手の選手にボールを当てると内野に復帰できます。

    しかし、内野に復帰しなくてもいいので試合の状況に応じて選んでください。
    かなりシンプルなルールですね。
    他にも細かいルールはありますが、外野だけに適用されるのは上記のことぐらいです。

    外野の役割

    外野は内野にいる味方選手と、パス交換などの連携を取り相手を攻撃します。
    相手の守備を崩さないといけないため、ボールを投げる選手は素早いパスを出せることが重要。

    また5秒以内に状況に応じて攻撃をした方がいいのか、パスを内野に返した方がいいのかの判断をする能力も必要です。
    5秒以内にボールを投げないと反則になるためです。

    外野にいると有利な選手

    以下に外野にいると有利になりやすい選手の特徴を上げていきます。

    まず最初は背が高い選手。
    背が高いと味方のボールが上に逸れてもキャッチすることができ、相手ボールになることを防げます、

    次に俊敏な選手。
    外野のエリアを縦横無尽に走り回れると相手を追い込みやすく、体勢も崩しやすいです。

    最後に助走なしで強いボールを投げられる選手。
    助走をつけて投げると相手に回避できる時間を与えることになります。

    まとめ

    ドッチボールの外野に注目して役割などを説明しました。
    ドッチボールは内野と外野の連携が必須。
    なので、どちらかだけに優れた選手がいても勝つことは難しくなってきます。
    適材適所という言葉があるように、ドッチボールにもそれぞれの場所に必要な能力があり、うまく配置しないといけません。
    また上記に挙げた特徴が当てはまる人は率先して外野に行くと活躍できるのではないでしょうか。

    【関連記事】
    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    9797 views
  • 指導案

    ドッチボール上達方法⑤女性が男性に勝るには

    はじめに

    女性は体格的に男性に比べて小さいですし、力も男性に比べると負けてしまいます。ドッチボールで女性が男性に勝るためにはどのようなことが必要でしょうか。それは作戦です。ドッチボールで試合に勝つための作戦を立てて、体格差や力の差をチームワークで補って勝利をものにするのです。

    攻撃時の作戦

    ドッチボールで女性が男性に勝つための攻撃時の作戦としては、相手の体勢を崩すようなパス回しをして、男性側の内野がよろめいたところを狙っていくようにします。よろめいたところを狙えば、体格や力で勝っている男性でもひとたまりもありません。狙い目なのは、よろめいた人は勿論のこと、ボールを持っている人に対して正面を向いていない人や、近い距離で距離を取れなかった人が狙い目です。攻撃をするときの作戦として、相手の足元や肩口を狙うようにするとアウトが取りやすいです。また、ボールを投げるコースとして、真正面だけでなくクロスや逆クロスを狙っていくのも手です。右投げの場合は向かって正面より左側の相手に投げる投げ方になります。クロスですと威力のある球になりやすいです。逆クロスは向かって正面より右側の相手に投げる投げ方になります。球の威力は落ちますが、フェイントになりやすい球となるので、うまく活用してみてはいかがでしょうか。

    守る時の作戦

    女性は男性よりも小さいです。これがドッチボールにおいては実は有利に働きます。腰を落として、更に的となるサイズを小さくすることで、男性側は繊細なコントロールを投げる技術として求められるようになり、威力はおろそかになります。なるべく的として小さい姿勢を取るためにも腰を落とし、膝を曲げた姿勢を取るようにします。また、相手の正面を向いていつでもボールをキャッチできるようにしておきます。横を向いて走っていたりすると的として狙われやすいので気をつけましょう。

    まとめ

    女性が男性にドッチボールで勝つためには、チームワークでパス回しをうまく使いこなし、相手の体勢を崩すことが重要であることがわかったかと思います。また、攻撃時にはクロスや逆クロスといった投げ方を使い分けて、足元や肩口を狙って投げていくとアウトにしやすいでしょう。守るときは、膝を曲げ、腰を落として重心を低くして、相手の正面を見てボールをキャッチする体勢を整えましょう。隙があると的として狙われてしまうので注意が必要です。

    【関連記事】
    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    1338 views
  • 指導案

    ドッチボール上達方法③ボールが当たらない逃げ方

    はじめに

    ドッチボールのドッチとは「さっと避ける」「ひらりと身をかわす」「巧みに回避する」といった意味を持っています。ドッチボールとはうまく避けることが主体のスポーツであると言えますね。そんなドッチボールで、ボールが当たらないうまい逃げ方とはどんななのか興味が湧くところだと思います。

    避け方のコツ

    大まかなポイントは3つです。1つはボールをよく見ること。2つに腰をしっかり落として重心を低くすること。3つに、逃げる方向を予め決めておくということです。

    ボールをよく見る

    1つ目のコツのボールをよく見るということ。これが案外できていない人が多く見られます。ボールを見ないで適当に横に走ったり、前に人がいてボールが見えない状況だったり、目を閉じてしまっている状態だったりということでです。守りのときに、目の前に人がいてボールが見えない状況というのは極力さけましょう。守りのときは横に1列に並ぶくらいの勢いで守ったほうが良いです。数が多くなれば、攻撃側も誰を狙えばいいのか迷い、その分当たりにくくなります。

    腰をしっかり落とす

    腰をしっかりと落として、重心を低くすることで、的を小さくすることができます。こうすることで、当てる側は当てづらくなるのです。さらに、膝を曲げて腰を落としておくことで、逃げる動作に速く移れるようになります。避けることからは外れますが、正面からボールが来たならば、ボールを取ることも容易くなることでしょう。

    逃げる方向を決める

    ボールを投げる相手の利き腕がどちらかによって、相手のボールを投げられる範囲が決まります。どちらに逃げれば良いかというと、相手の利き腕の方法へ逃げれば良いのです。右利きの人が投げるときは、向かって左に逃げればボールに当たりにくくなります。

    まとめ

    大まかなポイントは3つでした。1つはボールをよく見ること。2つに腰をしっかり落として重心を低くすること。3つに、逃げる方向を予め決めておくということです。この3つのポイントをしっかり覚えて、ドッチボールの達人と呼ばれるようになってみたいものですね。

    【関連記事】
    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    4582 views
  • 指導案

    ドッチボール上達方法④アウトに持っていける投球箇所

    はじめに

    ドッチボールも練習を重ねていくと、皆ボールのキャッチが上手くなってアウトに持っていくのが難しくなっていきますね。キャッチがそれなりに上手くなっていっている状態でも、アウトに持っていくにはどうすれば良いのでしょうか。

    体の足元を狙う

    キャッチが上手くなってくると上半身にきたボールは大抵取れるようになります。そこで、狙うのが足元です。足元に来たボールというのは、例えスピードが遅くても取るのが難しいところになります。相手の弱みがどうのとかいうことなく、迷うことなく弱いところを狙っていって得点王を目指しましょう。

    肩を狙う

    キャッチが上手くなってきても、それは正面に来たボールだけの話で、基本キャッチは体全体で行い、正面に来たボールをキャッチするということになりますので、肩などを狙われたら、相手は逃げる他ありません。積極的に肩なども狙っていくと良いでしょう。

    その他

    アウトに持っていける投球箇所とありますが、テクニックとしては、早いパス回しで相手を追い込んで、隅っこに来た人を狙うとか、背中を見せているプレイヤーを狙うなどといったことも挙げられます。チームワークが鍵となるプレイですね。あとは、目は違う人を見ながら、ターゲットに向けて斜めにボールを投げるといったテクニックもあります。

    まとめ

    正面に投げると、まず取られてしまうので、足元を狙うというのがアウトに持っていける投球術でした。他には、ボールをキャッチしづらい肩を狙うといったものもありました。その他として、アウトに持っていけるテクニックとしては、早いパス回しで翻弄したあとに隅っこに来た人を狙う、背中を向けた人を狙う、目は違う人を見て、ターゲットは別のところに決めておいて斜めに投げるといったものもあることがわかりましたね。これらのテクニックを活用して大量得点を上げてみたいものですね。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    1105 views
  • 指導案

    ドッチボール上達方法⑥外野からのアプローチ

    はじめに

    ドッチボールのルール上、外野から外野へのボール渡しなどはできないこととなっています。外野から外野へのパス回しがルール上許可されてしまうと、ゲームが進まない恐れもあり、また、4回パスをするとアタックをしなくてはならないといったルールもあります。ルールで外野同士のパスが禁止されていることから、ドッチボールにおいて、外野は重要なポジションとされていることが分かります。

    外野をできる者

    外野をできる者というのは、基本的に身長が高く、俊敏で、足の速い人です。また、それなりに速いアタックやパスができたり、ここぞというときの正しい判断が一瞬でできたりする人です。また、スタミナがあることも重要なファクターのひとつです。身長が高いことで、内野からのパスがそれたときにも対応できたり、俊敏で足が速いことで外野の範囲をすばやく移動して相手側の体勢を崩すことができたりします。速いアタックやパスができる人というのは、助走なしでも強い球を投げられるので、外野には欲しい人材です。ここぞというときの正しい判断ができる人は冷静で判断力がある人が当てはまります。これらの全てを満たした存在が、外野として特に相応しいといえます。

    外野からのアプローチ

    外野からのアプローチとしては、内野と外野とでパスをし合う中、しっかりとしたキャッチ力を持つ必要があります。しっかりとしたキャッチ力を活かして、そこから攻撃に転じたり、内野へパスを返したりします。

    まとめ

    外野をできる人というのは、身長が高く、動きが良くて足が速い人、そして速いアタックやパスができる人、ここぞというときの判断力のある人、スタミナがある人であることがわかりました。外野からのアプローチとしては、内野と連携して、攻撃へ転じたり、アタッカーへパスを戻したりと臨機応変な動きを求められることがわかりました。

    【関連記事】
    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    959 views
  • 指導案

    ドッチボール戦術①正確に相手を追い込む方法

    はじめに

    ドッチボールのドッチには「さっと避ける」「ひらりと身をかわす」「巧みに回避する」といった意味が込められています。つまりドッチボールは避けることが大切なスポーツであるとも言えます。そこが真骨頂とも言えるのでしょう。いかに、逃げたり避けたりするところを追い込んでいくかが勝敗の鍵とも言えるでしょう。

    相手を追い込む方法①

    まず自分がボールを持っているとして、相手が一直線上に複数名重なっているパターンです。このパターンのときは素直に一直線を狙いましょう。前にいる人が避けて後ろの人に当たる可能性が高くなります。美味しいパターンですね。次に、パスを繰り返す方法です。パスは4回投げたあとアタックしないといけないというルールがありますから、下手にパスを出すのも禁物です。外野の人が、巧みに左右に動いて下がるのを待ちます。下がったところで、内野のアタッカーへパスを回し、その下がってきた相手を狙うのです。これも必勝パターンといえます。

    相手を追い込む方法②

    アイコンタクトで追い込むターゲットを絞るという方法があります。追い込めそうなターゲットを見つけたら、そのターゲットの進む方向を塞ぐような動きやパス回しをします。最終的にそのターゲットの人が端っこに来るように追い込んで、当てに行きます。アイコンタクト以前に、コート端にいる人を優先して狙うという決めごとをしておくとより良いでしょう。アイコンタクトだけでなく、体の仕草全体を使って、おおっぴらにターゲットを指し示すといったこともアプローチとしてはありかもしれません。ターゲットにされたと思った人は慣れていないと混乱してミスをしやすくなります。そこを狙うというのも良いでしょう。

    まとめ

    一直線上に相手がいるところは狙い所で、当てやすいでしょう。次にパスや動きで翻弄して、相手が下がるのを待ってから内野のアタッカーにパスして狙うといった方法もありました。あとはアイコンタクトでターゲットを絞って追い込んだり、ボディーランゲージでターゲットを指し示したりして、徹底マークをして追い込むといった方法があることがわかりました。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    2439 views
  • 指導案

    人に教えたくない投球術④ドッチボール

    はじめに

    今回は、人に教えたくないドッチボールの投球術について学びたいと思います。やるからには是非勝ちにいきたい遊びのひとつですが、どういった投球術があり、どうすれば勝てるようになるのかをご紹介したいと思います。

    投げ方のコツ

    当てに行くときも、パス回しのときも、できる限り強いボールで相手に取られないようにしたいところです。さて、強いボールを投げるにはどうすれば良いのか。それは、踏み込んだ足と逆の手で思い切り投げながら、踏み込んだ足と同じ方向の手を後ろに反らして、投げる手は、投げる瞬間スナップを効かせることです。重要なのは、踏み込んだ足をしっかりと安定させることです。

    取り方のコツ

    ドッチボールの取り方のコツとしては、腰を低くして重心を低く構えます。腕は下げ、手のひらをボールに向けるようにします。ボールが来たら、下からすくい上げるような感じで、包み込むような形でキャッチを行います。

    勝つためのコツ

    攻撃のときはとにかく早いパス回しで相手を撹乱させることが大事です。味方の内野と外野で連携を取って、早いパス回しで相手の体勢が崩れたところを狙ってボールを当てにいきます。狙うときは、体の正面ではなく、膝や肩などを狙います。守備のときは徹底的にキャッチすることに集中することです。なるべくコートぎりぎりに下がらないようにしながらボールを持っている人の正面を向くように逃げましょう。

    まとめ

    投げ方のコツとしては、手首のスナップを効かせること、前の軸足を踏ん張ることであることがわかりました。取り方のコツとしては、相手の正面を向いて、重心を低くして両手でしっかりキャッチすることであることがわかりました。勝つためのコツとしては、攻撃と守備をうまく切り替えて、攻撃のときはパス回しを、守備のときはキャッチを頑張ればいいということが言えますね。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    1191 views
  • 指導案

    特別ルールを設けたドッチボール指導案

    はじめに

    ドッチボールは手軽で短い時間でも楽しめるスポーツです。そのため、授業でもドッチボールを積極的に取り入れているのではないでしょうか。特別ルールを設けたドッチボールをする以前に、心得として必要なものがあります。それは、ドッチボールが上手な人だけが楽しむものではないということ、そして、学校でやるスポーツである以上、勝ち負けにこだわってはいけないということです。

    特別ルール案のその前に

    ドッチボールを遊ぶにあたって、まず投げる技術とそれを受ける技術がなくてはいけません。必要最低限の練習をさせておくことは大切です。また、自分で受けたボールは自分で投げるということも鉄則です。ボールを譲ったり譲られたりといったことはドッチボールの趣旨に反します。自主性を育てるためにも、受けたボールは自分で投げるというルールは作っておくべきです。揉めたときは、一旦遊びを中断させてじゃんけんで決着をつけさせるようにしましょう。外野の子が常に外野ばかりやっているなどということの無いよう、外野の子はゲームごとに必ず交代してあげるようにしましょう。

    特別ルール案について

    まず、ボールを増やすといったルール案などいかがでしょうか。展開が速く、スリリングになります。また、ボールが1つのときは上手く当てられなかった子でも、当てるチャンスを狙うことができるようになります。また、王様ドッチという案もあります。王様を数名決めて、王様は一度当たると戻れないというルールで、王様が全滅したら終わりというものです。これですと個人の力よりも団結力がものをいうようになりますので、皆が楽しめるようになることでしょう。あとは、外野が内野を当てると復活できるという、復活ドッチというルールもあります。ヒット作としては、当たっても外野にいかなくていいドッチというものがあります。これは、当たった数を得点制にしたもので、ボールを受けたら相手の得点を減らせます。投げる力の弱い子が内野から無理に外野に行かなくてもいいので、バランスが取れてかなり面白くなるルールです。

    まとめ

    ドッチボールは基本、授業の一環なので楽しめればそれでよいというスタンスで、指導を行っていきましょう。また、楽しいルール案に沿ったゲームであれば、子どもたちの集中力も跳ね上がり、楽しんでゲームをしてくれることでしょう。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    1769 views
  • 指導案

    レクリエーションにおけるドッチボールの立ち位置

    はじめに

    ドッチボールは手軽に人と仲良くなれる手段としてはもってこいの、レクリエーションには無くてはならない遊びのひとつです。レクリエーションの目的として、子どもの元気力を育てるというものがあります。例えば筋力・全身持久力、瞬発力といったものを育てます。他には、巧緻性、身体認識力、敏捷性、状況判断力、フェアプレイ、作戦力、柔軟性、リズム感、バランス感、走力、投能力、空間認知能力、表現力、発想力、助け合う力などが育ちます。

    NEW☆ドッチボール

    まず人数に合わせて大きな円を描きます。2チームに分かれて、それぞれのチームから外野を1名ずつ選びます。そして、外野から円の中の相手チームにボールをぶつけてアウトにします。アウトになったら外野に出て、アウトにした人は内野に入ります。相手チームを全滅させるか一定時間経過時に人数が多いチームのほうが勝ちとなるゲームです。

    ナンバードッチ

    人数に合わせてコートを描きます。2チームに分かれて、番号のついたゼッケンを着け、番号の大きい2人を外野にしてあとは内野に入ります。相手チームの内野にボールを当てて、自分が4番、相手が7番だった場合は「7-4=3」で3人アウトというルールです。アウトになったら外野に出て、外野からボールを当てた人は内野に入ります。相手チームを全滅させるか一定時間経過時に人数が多い方のチームが勝ちとなるゲームです。

    円形ドッチボール

    人数に合わせて大きなドーナッツ型のコートを描きます。2チームに分かれて、それぞれのチームから1人ずつ中央と外野を選び、残りはドーナッツの部分に入ります。中央と外野からドーナッツの中の相手チームにボールを当ててアウトにします。アウトになったら外野に出て、外野からボールを当てた人はドーナッツに入ります。中央の人はアウトにしたとしてもドーナッツへは入りません。相手チームを全滅させるか一定時間経過時に人数が多いチームのほうが勝ちとなるゲームです。

    まとめ

    レクリエーションなので、ドッチボールとはいえ、基本、楽しめればそれでよいというスタンスで遊びましょう。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標

    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

    1395 views
  • トレーニング

    ドッチボール上達方法①ストレッチ

    はじめに

    ドッチボールとは、チームワークやマナー、ルールを守る大切さを学び、子ども達の成長の手段のひとつとして、長く行われてきたスポーツです。健全な心を作るためにも、なるべく怪我なく遊ばせてあげたいものですね。そこで、大事になってくるのが運動前のストレッチです。運動前にやっておくべきストレッチとは、どんなものがあるのでしょうか。

    肩周りの動きを作るダイナミックストレッチの一例

    肩の上下運動です。猫背にならないように注意しましょう。肩甲骨全体を引き上げて脱力します。次に、肘の引き上げ運動です。これも猫背にならないように注意します。肘は肩甲骨を背骨に寄せる形で上げてから脱力します。あとは手首を曲げる運動があります。腕を左右に広げて、手首を交互に曲げます。肩の軸がぶれないようにして、手首だけで行うのがコツです。腕を左右に広げ手首を90度上に曲げます。その状態で10~20cmの円を描くように肩を回します。内回しと外回しを交互に行うとより効果的です。

    手首と指ほぐしの運動

    胸の前で両手のひらを合わせます。両肘はなるべく外に張り出すようにします。親指は胸に付けた状態にしておきます。そのままの姿勢で、ゆっくりと両手を下げていって、指の先端だけが触れ合う状態まで持っていきます。次に、両手を使った運動です。右手の四本の指で左手の四本の指を掴み、ゆっくり押し曲げていきます。左手が終わったら次は右手を交互にストレッチを行います。そして次は、左手の親指を下に右手の親指でそれを押し広げる運動です。左手が終わったら、右手も行います。そして、左手の人差し指から順に小指まで、右手を使って指を反らしていきます。これも左手が終わったら右手も行います。あとは、力強くグーパーを繰り返し、最後に力を抜いて肩から指先までぶらぶらさせる運動です。

    まとめ

    ドッチボールを楽しく遊ぶためにも、怪我をすることのないようしっかりと事前に運動することが大切です。そのためには、肩周りを動かすダイナミックストレッチや、手首と指ほぐしの運動が有効であることがわかりました。突き指などしがちなので、気をつけて遊びたいところですね。

    【関連記事】
    全身をほぐすストレッチの基本 全身・首・体側

    背面部全体のストレッチ

    運動前に効果的な動的ストレッチ①(肩甲骨・胸、肩・腕)

    3990 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 997576 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 152143 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 110521 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 94407 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 78146 views

人気のキーワード