体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: 怪我

  • トレーニング, 指導案

    部活中に起きやすい怪我と対処法①野球

    はじめに

    小学生から大学、社会人に至るまで、人気の高いスポーツ、野球。それと同時に起きやすいのが、野球肘に代表される、野球選手特有の怪我です。
    特に体の未発達な小中高生は故障しやすく、その後の選手生活のためにも注意が必要です。
    ここでは故障をを未然に防いだり、悪化させないために必要な知識、その原因と特徴をみていきましょう。

    野球肩

    腱板炎、インピンジメント症候群などと呼ばれる肩周りの障害の総称です。
    投球動作を繰り返すことにより、腱板(肩関節で上腕を保持する筋肉と腱)に疲労や負担が蓄積し、それまで安定していた周辺組織とのバランスを保てなくなります。それを更に酷使することで、細かい筋肉や腱の挟み込みや骨への衝突(インピンジメント現象)を起こし、投球時に痛みを感じたり、ひどくなると腫れや断裂を起こします。

    原因は使い過ぎ。腕を頭より高く上げる動作によって引き起こされ、肩関節の筋肉の緊張により可動域が狭くなることで発症します。
    対処法としては、痛みを感じたらすぐに動作を中止し、安静にすること。
    なるべく早く専門家に見せ、マッサージやストレッチ、干渉波など、強い刺激を与えずに筋肉を柔軟にし、可動域を正常に戻します。痛みを伴うような治療は筋肉に刺激を与え、より硬くしてしまうので避けたほうが良いでしょう。
    普段の生活でも、肩や首、腕を緊張させないよう、枕の高さに身を配ったり、筋肉をリラックスさせることを意識しましょう。

    野球肘

    正式名称は「外側上顆炎(がいそくじょうかえん)」。野球肩と並び、野球選手にもっとも多いと言われる障害です。
    重いものを持ち上げる、タオルを絞るなど、手首のひねり、曲げ伸ばしが伴う動作で肘から前腕に痛みが走ります。
    腕の力だけでボールを投げたり、正しくないフォームでの投球の継続、または、投球動作を長期間続けることによる筋肉の疲労や衰えにより、間接に負担がかかり、発症しやすくなります。
    まずは原因となる動作をやめ、患部を冷却して炎症が収まるまで安静に保ちます。悪化・再発防止対策としては、普段の生活で重い物を持ったりといった、患部に負担のかかることを控えること。そしてフォームの改善も必要になります。

    まとめ

    共通して言えるのは、少しでも異変や不調を感じたら無理せず、すぐに専門家に見せることです。
    たまにしか痛まないから、とか少しくらい痛むのが普通、などと自分で判断せず、早めに専門家に見せることで短期間での改善が期待できます。
    体を上手にメンテナンスをして、より良いパフォーマンスを目指したいですね。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法②サッカー

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑭ソフトボール

    球技 小学生低学年が投げる力を付けるには?(基礎編)

    2445 views
  • トレーニング

    部活中に起きやすい怪我と対処法②サッカー

    はじめに

    運動に怪我はつきものですが、こと部活中に怪我は起こりやすいものです。どんなに注意を重ねていたとしても、一生懸命さが空回りしてしまい、怪我に繋がることは多いものです。中でもサッカーで起こりやすい怪我としては、膝部分と足関節部分が挙げられます。中高校生の約1割が膝に、約2割が足関節に怪我をするというデータもあります。それらの、怪我に対する対処法としては、どのようなものがあるのでしょうか。

    怪我の対処法としてはどれが正しいの?

    部活中の怪我は避けようのないものとも言えることですが、一体その対処法としてはどのようなものが正解なのか、気になるところですね。一般には、怪我を悪化させないように楽な姿勢をとらせることが大事で、それが患部を保護させることにも繋がります。そして一番大事なのは適切な応急処置です。例えば、捻挫をしてしまった時には、RICE(ライス)処置という方法の処置を行います。患部を安静(Rest)にして、氷で冷却(Icing)し、テーピングで圧迫(Compression)し、患肢を挙上(Elevation)することが基本となるものです。

    切り傷を負った場合はどうすればいいのか

    また、スパイクなどですり傷や切り傷を負った場合の処置としては、水道水で傷口を綺麗にしてから綺麗なガーゼやタオルで傷の部分を圧迫して止血してあげることが大切です。応急処置が適切であれば、その後の怪我の回復状態も良いものとなってきます。

    まとめ

    サッカーにおいて、部活中に起こりやすい怪我としては膝部分と足関節部分のものが多いということがわかりました。その怪我が起こってしまった後の適切な対処法としては、捻挫などであればRICE(ライス)処置を行うことで怪我の回復速度を高めることができることがわかりました。切り傷であれば、綺麗なガーゼやタオルで圧迫して止血を行うことが大事であることがわかりました。過激なプレーも行われ、怪我も多いサッカーですが、怪我をしたときの対処法を万全にして、取り返しのつかない大怪我にならないよう取り組みたいところですね。

    【関連記事】
    球技サッカー指導案①~単元目標~

    中学実習生のためのシンプル指導案①サッカー導入

    ラグビー指導案①~特性・指導・評価について~

    2004 views
  • トレーニング

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑱バドミントン

    はじめに

    ラケットは小型で軽量。ボールとなるシャトルは羽に重りのゴムが付いた可愛らしいもの。しかしその見た目とは裏腹に体力を要する過酷なスポーツが「バドミントン」です。打球の最高時速は493km(ギネスブック認定)、世界クラスの男子シングルスをフルセットで戦った場合はその1試合がフルマラソンと同等の運動量を持ちます。今回はそんなバドミントンの部活動において起こりやすい基本的な怪我と対処法を紹介しましょう。

    主要な怪我

    身体のひねりを多用するバトミントンでは腕と足腰に故障が起こりやすくなります。バトミントンのプレイヤーには「オスグット・シュラター病(膝の下あたりで起きる成長痛)」「腰椎分離症(腰痛に似た腰椎の損傷)」「腱板炎(肩のあたりの炎症)」「足首捻挫」といった怪我が多く見受けられます。また室内競技とは言
    え先の通り激しい運動量を要する為、「熱中症」にも注意が必要です。

    応急処置法

    痛みを伴う炎症や損傷の応急処置は「部位をすぐに氷や流水で冷やして包帯などで部位を固定する方法(通称RICEと呼ばれる処置法)」が基本となります。先ほどの症状の疑いを覚えた時はすぐにそのRICE法を使い、その後に専門医に診療してもらいましょう。暑い日の活動は水分補給と休養を十分に取り、脱水症状がみられた場合はすぐに涼しい場所へ移動します。場合によっては身体を冷やしながら早急に病院で診療を受ける必要があります。

    予防策

    それらの怪我予防の為には腕足腰の各部位の柔軟性を高めるストレッチが必須です。これは日常的に継続して行う必要があります。またこれと同時に自分のプレースタイルと技能の範囲を正確に把握する事も重要で、痛みや違和感を覚えた場合はすぐに安静にする必要があります。負担を軽減するフットワークとフォームを習得する事も重要です。腰椎分離症に対しては腹筋の増強が役に立ちます。適度な腹筋は身体を安定させ腰への負担を和らげます。

    まとめ

    以上がバドミントンの部活中に起こりやすい基本的な怪我と対処法でした。柔軟性のある身体作りを行い、しなやかなプレーを心掛けましょう。

    【関連記事】
    ボールを使ったゲームの3型~ゴール型・ネット型・ベースボール型~

    バドミントン指導案①~特性・指導・評価について~

    中学実習生のためのシンプル指導案②ソフトテニス基礎知識

    2560 views
  • トレーニング

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑰テニス

    はじめに

    2017年はテニス界の王者たちが怪我に悩まされたシーズンとなりました。R・フェデラー選手(スイス)、R・ナダル選手(スペイン)、そして錦織選手(日本)。テニスは試合の構成やシステム上、短期間で常に身体に負荷が掛かるような状態となっている為にトップ・アスリートほど負傷をしやすいのです。今回はそのテニスの部活動で起き得る基本的な怪我と対処法を紹介します。

    主要な怪我

    ラケットを振りぬく動作で必要となる首・腕・肘・手。そしてコート内を動き回る際に使われる腰・膝・足。このそれぞれの部位において故障が起こりやすくなります。特にテニスで起こりやすい怪我としては「テニス肘」「突き指」「脱臼」「捻挫」「腰痛」等があります。

    応急処置法

    「突き指」「捻挫」の応急処置は「部位をすぐに氷や流水で冷やして包帯などで部位を固定する方法(通称RICEと呼ばれる処置法)」が基本です。「腰痛症」は急性のものと慢性のものがありますが、とにかく症状を自覚した段階で患部を安静にして速やかに整形外科の診療を受けましょう。「脱臼」の場合は自分で無理に関節を戻そうとせず、包帯・三角巾・ネクタイ等で患部を固定して専門医に診て貰います。「テニス肘」は腱の炎症で放っておくと日常生活でも支障をきたすほど痛みます。そちらも「冷やして・安静にする」が基本的な処置であり、速やかに診療を受ける必要があります。

    予防策

    テニスで怪我をしない為の予防策は「筋力による補強」「プレー前の十分なウォーミングアップ」「プレー後の十分なクールダウン」「違和感を覚えたらすぐにその部位を安静にさせる事」「無理なプレースタイルにしない(自分の技能と体力ができる範囲の行動を取る)」というものが挙げられます。それはどのスポーツにも共通するような基本的な予防策なのですが、だからこそテニスには有効です。テニスは不規則で急激な動作を連続させますから、個別的ではなく全体的に機能性を向上させておかねばならないのです。

    まとめ

    以上、テニスの部活動で起こりやすい基本的な怪我と対処法でした。身体作りを全体的に行い、安全で快活なプレーを展開しましょう。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法⑱バドミントン

    ソフトテニス指導案①~特性・指導・評価について~

    中学校体育テニス指導案①ボールに慣れる

    1810 views
  • トレーニング

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑮ハンドボール

    はじめに

    古代ローマの女性たちがエクスプリズム・ルデーレ(expulsim ludere)という競技を行っていました。ボールを手に持ってゴールを狙い、得点を競うスポーツです。その後は2000年に渡って細々と似たような競技が欧州各地で続けられていましたが、19世紀の終わりになって遂に国際スポーツとしての体系化が始まります。ハンドボールの誕生です。今回はこのハンドボールの部活動内における基本的な怪我と対処法を紹介しましょう。

    主要な怪我

    ハンドボールは動作性の激しいスポーツです。ボールパス・ドリブル・ディフェンス・シュートの連続活動を1試合(60分間)継続しなくてはならず、持久力と瞬発力が常時発動され続けます。連続プレーによる負担は「腰痛症」を引き起こす可能性が高く、単発のものとしては「ジャンパー・ニー(膝蓋靭帯炎)」「手指の外傷」が多いそうです。また格闘技の要素の強い接触プレーも多く、その際の動作によって「足関節捻挫」が起きる事も少なくありません。

    応急処置法

    腰痛症は急性のものと慢性のものがありますが、とにかく症状を自覚した段階で患部を安静にし、速やかに整形外科の診療を受けねばなりません。組織の小さな外傷や炎症は放置をする事によって状態を著しく悪化させるリスクがあります。足関節捻挫の応急処置は「打撲部位をすぐに氷や流水で冷やして包帯などで部位を固定する方法(通称RICEと呼ばれる処置法)」が基本です。この状態は24~48時間を継続する事が推奨されています。手指の外傷の処置は「消毒・保護」が一般的ですが、近年では消毒を行わない「湿潤療法」が有効だとも言われています。湿潤療法は(善良な体内の細胞も傷つけてしまう可能性があるので)消毒はせず、市販されている湿潤療法用の絆創膏を貼り付けます。ジャンパー・ニー(膝蓋靭帯炎)はジャンプを多用する競技で起こりやすい炎症で、処置としては運動の休止と十分な療養が必要です。

    予防策

    ハンドボールは肘・肩・腰・膝・足首といった部位全体に負担を掛けるスポーツであり、先の通り「ジャンプ動作」による炎症も起こりやすくなっています。これらの怪我を予防する為にはそれぞれの部位の堅固性・柔軟性をバランス良く保たねばならず、筋肉トレーニングとストレッチを相互に行う事が重要になります。またこのスポーツでは肥満も大敵です。肥満は腰椎と骨盤の連動性を弱体化させ腰痛症を誘引させやすい状態に陥らせてしまいます。よって生活習慣から注意をせねばなりません。

    まとめ

    ハンドボールは格闘家がコート内を活発に動き回るスポーツです。筋肉トレーニングによる身体増強を行って持久能力を養いつつ、生活習慣の整備と適切なウォーミングアップによって瞬時の対応能力を高めて、安全な競技参加に及びましょう。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法⑰テニス

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑦アメリカンフットボール

    ハンドボール指導案①~特性・指導・評価について~

    4983 views
  • トレーニング

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑭ソフトボール

    はじめに

    1887年の感謝祭(サンクス・ギビング・デー:開拓時代に由来するアメリカの祝日)、ひとつのスポーツが生まれました。アメリカ合衆国・シカゴでボートクラブをウン氏していたジョージ・ハンコック氏が、クラブ員たちがホウキを持って野球の真似事をし遊んでいる光景を見て「コンパクトな野球ゲーム」を考案したのです。それがソフトボール。今では女性を中心とした国際競技へと成長しました。今回はそのソフトボールの部活動において起こりやすい基本的な怪我と対処法を紹介しましょう。

    主要な怪我

    ソフトボール活動中に起きやすい怪我には「打撲」「捻挫」「脱臼」「擦り傷」「骨折」があります。部活動においてはプロで見られるような選手同士が衝突するような大事故はあまり起こらず、バットやボールと突発的に衝突するようなケースが多いようです。また初心者の場合は道具の取り扱いに慣れていな為に「顔面」「上肢」で怪我が起こりやすく、慣れてきた段階では「下肢」のものが多くなります。

    応急処置法

    打撲・捻挫の応急処置は「打撲部位をすぐに氷や流水で冷やして包帯などで部位を固定する方法(通称RICEと呼ばれる処置法)」が基本です。この状態は24~48時間を継続する事が推奨されており、その間に整形外科の受診へ向かいましょう。脱臼の場合は自分で無理に関節を戻そうとせず、包帯・三角巾・ネクタイ等で患部を固定して専門医に診てもらうと円滑です。擦り傷の処置は「消毒・保護」が一般的ですが、近年では消毒を行わない「湿潤療法」が有効だとも言われています。湿潤療法は(善良な体内の細胞も傷つけてしまう可能性があるので)消毒はせず、市販されている湿潤療法用の絆創膏を貼り付けます。骨折は雑誌・ダンボール・新聞紙・専用器具を添え木として患部に当てて固定します。骨折の場合は特に短時間の処置が必要ですからすぐに病院へ行く必要があります。

    予防策

    ソフトボールは肘・肩・腰・膝・足首といった部位全体に負担を掛けるスポーツです。怪我を予防する為にはそれぞれの部位の堅固性・柔軟性をバランス良く保たねばなりません。筋肉トレーニングとストレッチは相互に行い、特に試合前には入念に身体のウォーミングアップを行いましょう。また部活中に気をつけたい症状としては熱中症があります。当たり前ではありますが未だに事故も起こります。暑い日の活動は水分補給と休養を十分に取りましょう。脱水症状がみられた場合はすぐに涼しい場所へ移動し、身体を冷やしながら早急な診療が必要です。

    まとめ

    ソフトボールはコンパクトな野球とは言え、その内容はハードです。身体を適切に使って安全に競技を行いましょう。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法⑮ハンドボール

    ソフトボール指導案①~基本ルールと基本練習~

    球技 小学生低学年が投げる力を付けるには?(基礎編)

    2584 views
  • トレーニング

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑬スキー

    はじめに

    特別な季節感をもたらすウィンタースポーツ。雪や氷という情緒的かつ厳格な大自然との会話。その代表格であるスキーはバブル期のブーム以後にプレイヤー人口が減ったものの近年は外国人観光客の人気が高まり復調の兆しが垣間見られます。しかしもちろん、楽しいだけではないスキー。全国スキー安全対策協議会の調査によると1年に0.01%(1万人に1人)の割合で大変な怪我が発生しているようです。そこで今回は特にスキー部の活動内でおきやすい基本的な怪我と対処法をご紹介しましょう。

    怪我の原因

    怪我をする主原因のほとんどは「スピードの出し過ぎ(出過ぎ)」です。これがほとんどすべての問題の原点にあると考えても良いでしょう。スピードの制御が不可能になった結果、人間や障害物との衝突、激しい転倒が生じてしまいます。初級者の場合は逆エッジ(板が雪面に引っかかる現象)による転倒、中級者以上は技能以上の行動による衝突が起きやすいのです。

    応急処置法

    小規模な怪我としては「打撲」「擦り傷」「捻挫」があります。打撲・捻挫の応急処置は「打撲部位をすぐに氷や流水で冷やして包帯などで部位を固定する方法(通称RICEと呼ばれる処置法)」が基本です。擦り傷の処置は「消毒・保護」が一般的ですが、近年では消毒を行わない「湿潤療法」が有効だとも言われています。湿潤療法は(善良な体内の細胞も傷つけてしまう可能性があるので)消毒はせず、市販されている湿潤療法用の絆創膏を貼り付けます。

    予防策

    これらの怪我は自分の技能が可能とする滑りを適切に把握してスピードを制御する事で抑止できます。それでも転倒や衝突が起きるという事も有り得ますが、その場合は自分の装備が適切なものであった場合は大きな怪我を回避する事ができます。板の長さ、靴の大きさ、ストックの長さ、ユニフォームの大きさ等々、それらは自分の体格に合ったメンテナンス済みのものを使用します。スキーは用具の存在が非常に重要で、競技に直接的な影響を与えるのです。

    まとめ

    優しく見える雪の世界は険しくもあります。適切な技能理解と装備によってスキー競技を安全に行いましょう。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法⑭ソフトボール

    平昌冬季オリンピック編⑨-1″スノーボード”に詳しくなろう!!(スノーボードの歴史や醍醐味)

    【平昌五輪】冬季オリンピックで日本が獲得した金メダルを調べたよ

    1897 views
  • トレーニング

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑫競技ダンス

    はじめに

    漫画『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』(全10巻)は王道の青春物語を描いています。高校の部活動としての競技ダンス部を舞台に初心者の主人公とヒロインが心を通わせながら奮闘する物語です。メディアでの注目もあり日本の社交ダンス人口は約160万人と世界でもトップレベル。部活で頑張る学生も多いと思います。しかしそこには青春漫画に登場しない波乱のリスクもあります。どのような競技でもそうですが、怪我が危険なのです。今回は競技ダンス内におけるよくある怪我とその基本的な対処法を紹介します。

    自分の怪我

    ダンスは足全体に大きな負荷を掛ける競技です。それゆえに足に関連する「擦り傷」「骨端炎」「関節炎」「水ぶくれ」「バニオン(腱膜瘤)」「打撲」「脱臼」「ガングリオン(足首の前あたりの腫れ)」「ハンマートゥ(槌指)」「足底筋膜炎」といった局所的な負傷を受けがちです。これらの負傷を回避する為の大前提条件が足を守る為のシューズを慎重に選ぶこと。動き方に合った靴を選び、新品購入時は硬い靴を叩きつけたり揉んだりして柔らかくする事が重要です。

    競技中の怪我

    競技ダンス中に注意したいのが接触事故です。限られたホールでお互いの個性と魅力を戦わせる様子はさながら人間社会そのものですが、そこには衝突が付き物。思わぬ形で周囲のプレイヤーに激突しないよう、自分とパートナーの持つパーソナルスペースを正しく理解し常に余裕のある逃げ場を作っておかなければなりません。これは技能向上だけではなくコミュニケーションも重要です。感情や思考をパートナーと素直に取引できる関係を築くよう努めましょう。それは自分たちの阿吽の呼吸とその適切な空間感覚を描き出し、結果としてホール内における接触事故を回避しやすくなります。

    普段のケア

    統計によれば、競技ダンスの怪我・故障の原因として真っ先に上げられている要素が「疲労(31%)」です。次に続く項目は「身体の使い過ぎ(29.5%)」となりますから、双方を合わせて「疲れが溜まったまま無理をして練習を重ねる」事が負傷に直結してしまう状況を見て取れます。自分の身体の弱さや強みを理解し、正しい食事と睡眠を取ってのストレッチと休養を欠かさない。これらの日ごろのケアが怪我の回避に大きく役立ちます。

    まとめ

    以上が競技ダンス内におけるよくある怪我とその基本的な対処法の紹介でした。自分自身の健康を維持しパートナーとの適切な空間を築いて、安全をベースにダンスの芸術性を披露していきましょう。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法⑬スキー

    女性の綺麗なおしりを作りたい、スポーツでの切り替わりを速くしたいといった時に使える股関節トレーニング3選

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑯新体操

    2554 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 675901 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 102291 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 70920 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 63003 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 57232 views

人気のキーワード