体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: 小二

  • 指導案

    跳び箱遊び指導案 小学2年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、跳び箱の指導案を作成する方や、小学校2年生向けに授業を行う先生方に向けて指導の方法などをまとめています。指導案の作成にお役立て下さい。跳び箱の特性や、種目における体や心の目標などを知りたい方は、ページ下部のリンクからどうぞ!

    はじめの授業

    ・教師から児童へ、跳び箱遊びのねらいや進め方、注意点を説明する
    ・用具の準備や片付けの方法などについて説明をする
    ・準備運動
    ・ペアあるいは3~4人のグループを組ませる
    ・馬跳びなどで、跳び箱をする前に必要な能力や技術を指導する
    ・実際の跳び箱をどこまで跳び越えることが出来るか、あるいは跳び乗ることが出来るかをチェックする

    なか授業

    ・用具の準備や片付けについても、各児童が協力しあい素早く行うことが出来るように指導する
    ・チェックシートや感想用紙を各児童に配布し、教師が指定した跳び方が出来ているか、どの児童が上手に跳べているか、また、上手に跳べている児童はどこが違うのかなどを各々記入するようにする
    ・グループごとで協力しあって、励ましあい、失敗した児童には助言と優しい言葉がけ、成功した児童には「おめでとう」といった、互いを思いやる言葉がけが出来るように指導する
    ・長い跳び箱や、跳び箱を二つ縦に並べたものを用意し、跳び乗りの状態から、手をつく回数がなるべく少なくなるように跳びおりまで持っていける練習をする。
    またその際、実際に何回で跳びおりまでいけたかを、ペアまたはグループごとにチェックし合い、回数を重ねるごとに少なくなるよう工夫させる
    ・着地が常にひざを曲げた状態で出来ているかチェックし合い、出来ていない場合はどのようにすればいいかを話し合う
    ・教師は各グループを見てまわり、児童同士でケンカがないか、目標達成に向けて協力して励まし合っているかなどをチェックしてまわる

    まとめの授業

    ・ペアの背中を跳ぶ馬跳び
    ・助走をつけてロイター板を踏みジャンプして、跳び箱に跳び乗る
    ・跳びおりのときにひざを曲げた状態で着地する
    ・縦に二つ並べた跳び箱を、手をつく回数を4回以内で跳び下りることが出来る
    ・通常の跳び箱で、助走から着地までスムーズに行えるか
    ・上記の目標に各児童がどこまで達成出来たかを計る
    ・跳び箱遊びを終えて、各児童がどのような手応えを感じたかなどを、感想用紙に記入させる

    【関連記事】
    【中学校の授業】基本を抑えよう、跳び箱開脚跳
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象特性と実態
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象身体的・道徳的

    2257 views
  • 指導案

    跳び箱遊び指導案 小学2年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、跳び箱の指導案を作成する方や、小学校2年生向けに授業を行う先生方に向けて指導の方法などをまとめています。指導案の作成にお役立て下さい。跳び箱の特性や、具体的な指導方法について知りたい方はページ下部のリンクからどうぞ!

    身体的目標

    1.助走をつけてロイター板を踏み、跳び箱に跳び乗ることが出来るようにする。

    2.「ジャンプする」「跳び箱に手をつける」ということに対する恐怖心を軽減出来るようにする。

    3.跳び箱を跳び越えることが出来るようにする。

    4.怪我をしないように、 跳び箱の正しい位置に手をつくことが出来るようになる。

    5.助走をつける、ロイター板を上手に踏めるように歩幅を合わせる、ジャンプして跳び箱に手をつき身体を持ち上げて跳び箱を跳び越えるといった一連の動作がスム
    ーズに行えるようにする。

    6.児童が普段意識しなかった自分の身体の仕組みや感覚について、自覚的に理解することが出来るようにする。

    道徳的目標

    1.数に限りがある跳び箱を使用するにあたって、児童が順番を守ることが出来るようにする。

    2.ペアやグループで練習することで、互いの意識を高め合うことが出来るようにする。

    3.相手の失敗や成功に対して、「ドンマイ」や「おめでとう」など肯定的な言葉がけを出来るようにする。

    4.相手の失敗に対して、次回成功するための助言を与え合うことが出来るようにする。

    5.相手の成功に対して、どこが良かったかを話し合い、相手への自信と、自分の成功への糧へとすることが出来るようにする。

    6.児童同士が励まし合うことによって、共感的にお互いが成長を感じられるようにする。

    【関連記事】
    〜続きはこちらから〜
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    〜その他の記事〜
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象特性と実態
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象特性と実態

    673 views
  • 指導案

    跳び箱遊び指導案 小学2年生対象(特性と実態)

    はじめに

    ここでは、跳び箱の指導案を作成する方や、小学校2年生向けに授業を行う先生方に向けて指導の方法などをまとめました。指導案の作成にお役立て下さい。跳び箱における体や心の目標や、具体的な指導方法について知りたい方はページ下部のリンクからどうぞ!

    小学2年生を対象とした跳び箱遊びの特性

    1.助走をつけてロイター板で踏み切ってジャンプをし、両手をついて身体を持ち上げ跳び箱を跳び越える、あるいは跳び乗るという全身運動である。

    2.児童にとっては、普段の運動ではやらない動きであるため、新しい「自分の身体の動かし方」を知ることが出来る運動である。

    3.「跳び箱を超える」という一つの課題を達成するために、いくつかの順序を踏まなければならない運動である。

    4.「身体を動かす」「目標を達成する」ために頭で考えながら行わなければならない運動であり、複合的、同時的な運動である。

    5.跳び箱を跳び越えることが出来たときの達成感を児童に与えることが出来る運動である。。

    6.高さを変えたり、向きを変えるなどをして、工夫を凝らして様々な遊び方が出来る運動である。

    小学2年生を対象とした跳び箱遊びの実態

    1.過半数の児童にとっては、跳び箱に挑戦するというのは「面白い、楽しい、気持ち良い」といった反応を得ることが出来る。

    2.また、そういった感想を述べる児童は「跳び越えるのが気持ち良い、もっと高い跳び箱を跳びたい」といった将来的に繋げることが出来る感覚を得ることが出来ている。

    3.課題を達成出来た児童は、「褒められると嬉しい」と言った感想を述べている。

    4.跳び越えるが出来ない児童は、「あまり出来ないため大変楽しい運動ではない、恥ずかしい」といった感想も述べられる。

    5.運動が苦手な児童は「出来ないから楽しくない」といった感想を述べられる。

    6.全児童共通で、「こけたり、手の着きどころを間違えると怪我につながるのが怖い」といった感想が述べられる。

    【関連記事】
    〜続きはこちらから〜
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象身体的・道徳的

    〜その他の記事〜
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象具体的な指導案
    クロールが泳げるようになるコツ①
    よく分かるフォークダンス指導方法

    1752 views
  • 指導案

    平均台遊び学習指導案 小学2年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、平均台種目の指導案を作成する方や、小学校2年生向けに授業を行う先生方に向けて指導の方法などをまとめています。指導案の作成にお役立て下さい。平均台における体や心の目標や、種目の特性について知りたい方はページ下部のリンクからどうぞ!

    はじめの授業

    ・教師から児童へ、平均台のねらいや進め方、注意点を説明する

    ・用具の準備や片付けの方法などについて説明をする

    ・準備運動

    ・ペアあるいは3~4人のグループを組ませる

    ・現在どのような動きが出来るかを各々チェックしあう(前進、低い姿勢での歩行、横向きすり足、障害物またぎなど)

    なか授業

    ・用具の準備や片付けについても、各児童が協力しあい素早く行うことが出来るように指導する

    ・チェックシートや感想用紙を各児童に配布し、教師が指定した歩き方が出来ているか、どの児童が上手に歩けているか、また、上手に歩けている児童はどこが違うのかなどを各々記入するようにする

    ・グループごとで協力しあって、励ましあい、失敗した児童には助言と優しい言葉がけ、成功した児童には「おめでとう」といった、互いを思いやる言葉がけが出来るように指導する

    ・平均台上に障害物などをして、その上をまたぐことが出来ているかを互いにチェックする

    ・両端から2人の児童が歩き平均台の上ですれ違うことが出来るか、両手でボールなどを持ったまま平均台を歩くことが出来るか、平行に並べた2本の平均台に、片足ずつ足を乗せ歩くことが出来るか、片足で立つことが出来るかなど、様々な歩き方を提案し、グループ内でお互いチェックし合って、改善点などを述べさせる。

    ・教師は各グループを見てまわり、児童同士でケンカがないか、目標達成に向けて協力して励まし合っているかなどをチェックしてまわる

    まとめ授業

    ・平均台の端から端まで移動

    ・後ろ向きに移動

    ・ボールを持ったままの移動

    ・2人組でのすれ違い移動

    ・横向きすり足移動

    ・上記の目標に各児童がどこまで達成出来たかを計る

    ・平均台遊びを終えて、各児童がどのような手応えを感じたかなどを、感想用紙に記入させる

    【関連記事】
    マット運動を楽しい授業にするコツ
    倒立前転を楽しくするコツ
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    4057 views
  • 指導案

    平均台遊び学習指導案 小学2年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、小学2年生の平均台遊び種目において、具体的にどのような内容を取り入れて授業を進めていくのが良いかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。具体的な指導法や平均台の特性については、ページ下部のリンクからどうぞ!

    身体的目標

    ・平均台の上を児童が立つことが出来るようにする。

    ・平均台の上を、児童が立って歩くことが出来るようにする。

    ・平均台の端から端までを、児童が落ちたり手をついたりすることなく渡りきることが出来るようにする。

    ・平均台の上で様々なポーズを取ることが出来るようにする。

    ・平均台を渡りながら、障害物を超えるなどが出来るようにする。

    ・児童が普段意識しなかった自分の身体の仕組みや感覚について、自覚的に理解することが出来るようにする。

    道徳的目標

    ・数に限りがある平均台で運動するにあたって、児童が順番を守ることが出来るようにする。

    ・ペアやグループで練習することで、互いの意識を高め合うことが出来るようにする。

    ・相手の失敗や成功に対して、「ドンマイ」や「おめでとう」など肯定的な言葉がけを出来るようにする。

    ・相手の失敗に対して、次回成功するための助言を与え合うことが出来るようにする。

    ・相手の成功に対して、どこが良かったかを話し合い、相手への自信と、自分の成功への糧へとすることが出来るようにする。

    ・児童同士が励まし合うことによって、共感的にお互いが成長を感じられるようにする。

    【関連記事】
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象身体的・道徳的

    659 views
  • 指導案

    平均台遊び学習指導案 小学2年生対象(特性と実態)

    はじめに

    ここでは、小学2年生の平均台遊び種目において、具体的にどのような特性があるのかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。具体的な指導法や平均台における体や心の目標について知りたい方は、ページ下部のリンクからどうぞ!

    小学2年生を対象とした平均台遊びの特性

    ・平均台という、狭い幅の上を落ちないように渡る運動である。

    ・通常の歩行とは異なり、高度なバランス感覚が養われる運動である。

    ・足の指先や、土踏まずに意識を向けさせることが出来る運動である。

    ・身体をつま先から頭まで真っ直ぐに伸ばすことによって、自分の重心をどこに置くべきかを児童に意識させることが出来る運動である。

    ・端から端まで一度も落ちずに渡ることが出来れば、児童に達成感を与えることが出来る運動である。

    ・歩くだけでなく、平均台の上で様々なポーズを取ることによって、より高度なバランス感覚を鍛えることが出来る運動である。

    小学2年生を対象とした平均台遊びの実態

    ・過半数の児童にとっては、平均台遊びは「難しいが、渡るのが楽しい」といった反応を得ることが出来る。

    ・また、そういった感想を述べる児童は「褒められると嬉しい」と言った感想を述べている。

    ・多くの児童は、様々なポーズや渡り方に挑戦し、達成することに満足感を得ている。

    ・様々なポーズを取ることが出来ない児童は、「あまり出来ないため大変楽しい運動ではない」といった感想も述べられる。

    ・平均台が苦手な児童は「落ちると怖い、難しい」といった感想を述べている。

    ・全児童共通で、「失敗すると平均台から落ちるので、怪我をするのが怖い」といった感想が述べられる。

    【関連記事】
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標

    1324 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおいて具体的にどのような内容を取り入れて授業を進めていくのが良いかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    初回授業

    ・教師から児童へ、マット運動(回転運動)のねらいや進め方、注意点を説明する

    ・用具の準備や片付けの方法などについて説明をする

    ・準備運動ペアあるいは3~4人のグループを組ませる

    ・現在どのような動きによる回転が出来るかを各々チェックしあう(エンピツ転がり、だるま転がり、前転がり、後ろ転がりなど)

    なか授業

    ・用具の準備や片付けについても、各児童が協力しあい素早く行うことが出来るように指導する

    ・チェックシートや感想用紙を各児童に配布し、教師が指定した転がり方が出来ているか、どの児童が上手に回れているか、また、上手に回れている児童はどこが違うのかなどを各々記入するようにする

    ・グループごとで協力しあって、励ましあい、失敗した児童には助言と優しい言葉がけ、成功した児童には「おまでとう」といった、互いを思いやる言葉がけが出来るように指導する

    ・マット上にテープなどで線を引くなどをして、その線の上をまっすぐ転がることが出来ているかを互いにチェックする

    ・新しい転がり方を提案した児童の案を積極的に取り入れるが、安全性は確保する

    ・教師は各グループを見てまわり、児童同士でケンカがないか、目標達成に向けて協力して励まし合っているかなどをチェックしてまわる。

    まとめ授業

    ・エンピツ転がり1回転から連続5回転

    ・だるま転がり1回転から連続3回転

    ・前転がり1回転から連続3回転

    ・後ろ転がり1回転から連続3回転

    ・上記の目標に各児童がどこまで達成出来たかを計る

    ・マット運動(回転運動)を終えて、各児童がどのような手応えを感じたかなどを、感想用紙に記入させる

    【関連記事】
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    1093 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおける体や心の成長目標を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    身体的目標

    ・マットの上で児童が身体を回転させることが出来るようにする。

    ・「回転する」ということに対する恐怖心を軽減出来るようにする。

    ・ただ回転するだけではなく、綺麗な姿勢で正しく回転することが出来るようにする。

    ・姿勢を維持したまま、連続で回転することが出来るようにする。

    ・様々な姿勢で回転することが出来るようにする。

    ・児童が普段意識しなかった自分の身体の仕組みや感覚について、自覚的に理解することが出来るようにする。

    道徳的目標

    ・数に限りがあるマットで運動するにあたって、児童が順番を守ることが出来るようにする。

    ・ペアやグループで練習することで、互いの意識を高め合うことが出来るようにする。

    ・相手の失敗や成功に対して、「ドンマイ」や「おめでとう」など肯定的な言葉がけを出来るようにする。

    ・相手の失敗に対して、次回成功するための助言を与え合うことが出来るようにする。

    ・相手の成功に対して、どこが良かったかを話し合い、相手への自信と、自分の成功への糧へとすることが出来るようにする。

    ・児童同士が励まし合うことによって、共感的にお互いが成長を感じられるようにする。

    【関連記事】
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    マット運動を楽しい授業にするコツ
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象具体的な指導案

    766 views
  • 指導案

    マット遊び(回転運動)学習指導案 小学2年生対象(特性と実態)

    はじめに

    ここでは、小学2年生のマット遊びにおける特性を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    小学2年生を対象としたマット遊びの特性

    ・地面とは違いある程度の安全性が認められているマットの上で転がる運動である。

    ・児童にとっては、普段の運動ではやらない動きであるため、新しい「自分の身体の動かし方」を知ることが出来る運動である。

    ・頭と足が上下反転する運動であるため、児童の三半規管を刺激し、平衡感覚の成長を促す運動である。

    ・得意な転がり方を児童が自分で考えることによって、自身の身体の特徴を考えるきっかけになる運動である。

    ・なめらかに転がれたり、連続で転がれたりすることによって、児童に楽しさと達成感を与えることが出来る運動である。

    ・他の児童の動きを観察し、真似してみることによって、「自分の動きを客観的に見る」あるいは「他者との得意な動きの違いを見る」ことが出来る運動である。

    小学2年生を対象としたマット運動の実態

    ・過半数の児童にとっては、マットの上で回転するというのは「面白い、楽しい、気持ち良い」といった反応を得ることが出来る。

    ・また、そういった感想を述べる児童は「回るのが楽しい、好き」といった将来的に繋げることが出来る感覚を得ることが出来ている。

    ・課題を達成出来た児童は、「褒められると嬉しい」と言った感想を述べている。

    ・高度な回転が出来ない児童は、「あまり出来ないため大変楽しい運動ではない」といった感想も述べられる。

    ・運動が苦手な児童は「出来ないから楽しくない」といった感想を述べられる。

    ・全児童共通で、「失敗すると頭などを打つから痛い」といった感想が述べられる。

    【関連記事】
    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標
    平均台遊び学習指導案-小学2年生対象特性と実態
    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象特性と実態

    717 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 144457 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 23029 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 21370 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 13305 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 10813 views

人気のキーワード