体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: 小一

  • 指導案

    ボール遊び指導案 小学1年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のボール遊びにおいて具体的にどのような内容を取り入れて授業を進めていくのが良いかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    はじめの授業

    1、まずは、生徒達に、ボール遊びのねらいや注意点について説明します

    2、準備や片付けの手順について説明します

    3、ペアになってキャッチボールをしてもらいます(このとき投げ方は上手投げでも下手投げでも構いませんが、相手を思いやって投げることを心がけさせましょう)

    なか授業

    1、ペアによるキャッチボールから授業を毎回始めるようにしましょう

    2、準備や片付けについてもキチンと協力しあって行なっているか確認、指導しましょう

    3、「どこまで遠くに投げることが出来るか」「落とさずに何回キャッチボールが出来るか」「狙った的にボールを当てることが出来るか」「ボールを転がして、円の中で止めることが出来るか」「お手玉が出来るか」など、力のない子や遠くまで飛ばせない子も楽しむことが出来る内容を工夫して取り入れましょう

    4、毎回違うグループを組ませて、それぞれの競技に代表選手を選出する形で得点を争い合うゲームをしましょう(そのとき、毎回違う競技に生徒達が挑むことが出来るようにシャッフルすることを心がけましょう)

    5、それぞれの競技に関して、上手な子は何故上手なのか、どうすればもっと良くなるかを話し合うことが出来るようにしましょう

    6、失敗した子には「ドンマイ」、成功した子には「おめでとう」など、互いを高め合うように励まし合うことを心がけさせましょう

    まとめ授業

    1、なか授業で体験した競技内容を利用したゲームを行い、点数を競わせましょう

    2、この最終ゲームのときには、各々の生徒が得意な競技で十分活躍することが出来るように、生徒達でチームを組ませながら、先生も助言していきましょう

    3、感想用紙を配布し、「ボール遊びはどうだったか」「何が得意だったか」などを記入させ、各々の生徒に自信を持たせるようにしましょう

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象特性と実態
    ボール遊び指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標
    ダンス指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    1502 views
  • 指導案

    ボール遊び指導案 小学1年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のボール遊びにおける体や心の発達目標を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    どこまで出来るようになればいいの?

    まずは、ボールも硬さや大小など、多くの種類を用意しましょう。そして、ペアになって、しっかりと相手の位置に向かって投げることが出来るようになりましょう。相手に向かって投げる時も、「相手がキャッチしやすいように投げる」ことを心がけさせましょう。

    体はどういう風に動けばいいの?

    上手投げも下手投げも、しっかりと相手や的など、目標に狙って投げることが出来るようにしましょう。遠くまで投げる際の腕の振り方などを指導し、生徒がしっかりと体全体を使ってボールを投げることが出来るようにしましょう。

    苦手な投げ方がある生徒に対しては、どうすれば改善出来るかを指導し、あらゆる投げ方に対して苦手意識を無くすようにしましょう。

    ボールを投げて競うだけではない!?

    「ボール遊び」の授業では、「ボールの扱い方が分かるようになる」だけではなく、一連の授業を通して、相手を思いやるなどの道徳的成長も促すことが出来ます。

    キャッチボールにおいては、「強く投げる」や、「相手に向かって投げる」だけでは、投げられた方はキャッチが難しくなります。そこで、「相手のどこを狙ってどのくらいの力で投げればキャッチが容易に出来るか」を考えさせましょう。そうすることによって、相手を思いやる気持ちが芽生えます。

    さらに、様々な工夫を凝らしたゲームを、点数を競う形で用意することによって、他者の得意分野などを尊重し、お互いの得意不得意を見極めることができ、それは生徒達に「全体の調和」を考えさせるきっかけになります。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    ダンス指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    ダンス教育指導案-小学1年生対象特性と実態
    【小学校】運動会の代名詞〜騎馬戦〜

    544 views
  • 指導案

    ボール遊び指導案 小学1年生対象(特性と実態)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のボール遊びにおける特性や実態がどんなものなのかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    生徒にとってボールのスポーツはどういう印象?

    どうすればみんなが楽しめる?

    まずは、みんながボールに慣れるようにペアになって野球ボールなどを使ってキャッチボールをさせましょう。短い距離でも良いし、上手投げでも下手投げでも構いません。この際、そういったボールを扱うのが得意な子は、得意な子同士で組ませるようにしながらも、あまり乱暴な球は投げさせないように注意しましょう。

    そして、球技の内容も、手や足を使った内容、どこまで遠くに投げることが出来るか、近くの的を狙って当てることが出来るか、ボールを転がして、指定の円の中に入れることが出来るか、お手玉などバリエーションを豊富に取り入れた、グループで点数を競うゲームにして、肩の弱い子や力のない子も特性を活かして協力出来る内容にしましょう。

    ボール遊びに対して生徒はどう感じている?

    「ボールを扱う運動」に対して、多くの生徒は「楽しい」「ボールが跳ねて面白い」「もっとやりたい」など、肯定的な意見が得られます。しかし、3割程度の生徒からは、「楽しいともつまらないとも感じない」「体や顔に当たったら怖い」「楽しくない」「どうやって投げればいいか分からない」などの意見も見受けられます。そういった生徒も自主的に参加出来るように、授業内容を工夫して、「出来る子だけが出来る」内容にならないように心がけましょう。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    バスケットボール指導案①【基本パスの種類】

    494 views
  • 指導案

    ダンス指導案 小学1年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のダンス指導において具体的にどのような内容を取り入れて授業を進めていくのが良いかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    はじめの授業

    ・教師から生徒へ、ダンスのねらいや進め方を説明する

    ・まずは全体で、音楽をかけて立った状態でのリズムに合わせた手拍子や、ジャンプ、スキップ、回転といった単一的な動きを教える

    なか授業

    ・常に授業の導入では、全体で同じ単一的な動きを、準備運動とともに取り入れる

    ・ペアあるいはグループにして、チェックシートを利用しながら単一的な動きが各々出来ているか互いに見る

    ・チェックシートや感想用紙を各児童に配布し、動きが出来ているか、どの児童が上手に踊れているか、また、上手に踊れている児童はどこが違うのかなどを各々記入するようにする

    ・グループごとで協力しあって、励ましあい、失敗した児童には助言と優しい言葉がけ、成功した児童には「おめでとう」といった、互いを思いやる言葉がけが出来るように指導する

    ・単一的な動きを合わせた、複合的な動きがリズムに合わせて出来ているかをお互いでチェックし合う

    ・教師は各グループを見てまわり、児童同士でケンカがないか、目標達成に向けて協力して励まし合っているかなどをチェックしてまわる

    まとめ授業

    ・ペアあるいはグループからそれぞれ一人ずつを順番に前に出し、違うグループの子と一緒に踊ってもらう

    ・そのとき、「キチンとリズムに乗れているか」「笑顔で踊れているか」「間違った動きをしていないか」などを先生と生徒がチェックする

    ・「しっかりと音楽を聞いて、楽しく笑顔で体を動かす」ことが出来ているかが重要である

    ・感想用紙を配布し、「自分が人前で踊ってみてどうだったか」などの自己評価と、「どの子が上手に踊れていたか」といった他者評価を記入させるようにする

    【関連記事】
    ダンス教育指導案-小学1年生対象特性と実態
    ダンス指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標
    【高校体育】創作ダンスの指導案

    636 views
  • 指導案

    ダンス指導案 小学1年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のダンス指導における体や心の発達目標に関して提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    どこまで出来るようになればいいの?

    まず、一番の目標は「ダンスは難しくない」、「人前で体を動かすのは恥ずかしいことではない」という感覚を生徒達に与えることです。この先も続くダンス授業において、小学1年生の時点でこの感覚を正しく生徒に与えることが出来れば、ひとまず小学1年生時点でのダンス教育は完成しているといってもいいでしょう。

    体はどういう風に動けばいいの?

    「ダンス」といっても小学1年生ですから、しっかりしたダンスというよりは、「音楽にあわせて体を動かすことが出来る」程度で十分です。たとえば、リズムに合わせて手を叩いたり、ジャンプしたりスキップしたり回ったり……。それらの単一的な動きを、「4回ジャンプした後にスキップで小さな円を描き、クルクルと2回転した後に手拍子をする」といった流れにすることが出来れば完璧です!単一的な動きと、複合的な動き、それぞれに対して先生が事前にチェックシートを用意して、ペアあるいはグループになってお互いに見て、上手く出来ているか、出来ていない子はどこが惜しいか、どのように改善すれば良くなるかなどを記入させるようにしましょう。

    「音楽に合わせて体を動かす」だけじゃない!?

    この授業では、単に個人が「音楽に合わせて体を動かす」ことが出来るようにするだけではなく、グループごとのチームワークを図ることによって、道徳的成長も見込めます。

    まずは、限られた場所で、それぞれ配慮のあるスペースを十分に確保させましょう。それによって、怪我のないように授業を進めることが出来るばかりではなく、相手を思いやる気持ちもハッキリと芽生えます。

    さらに、ペアあるいはグループでチェックシートを利用して互いの動きを見ることによって、「自分とはどう違うのか」、「どのようにすれば次回もっと上手く動けるようになるのか」などを互いに考え合うことが出来ます。そしてそれは単なる運動能力の向上だけではなく、お互いの意識を高め合うことにも繋がります。

    また、相手が上手く出来たときには「おめでとう」、相手が失敗したときには「ドンマイ」といった言葉がけが出来るように心がけさせましょう。相手を思いやって、失敗を非難せず肯定的に励ますことで、生徒達の中に協力関係、信頼関係、他者の気持ちを考えることが芽生えます。

    【関連記事】
    ダンス指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標
    ダンス指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    【高校体育】現代的リズミックダンスの指導案

    409 views
  • 指導案

    ダンス教育指導案 小学1年生対象(特性と実態)

    はじめに

    「ダンスの指導ってやったことがないし難しい……」
    新しく体育の必須科目として導入された「ダンス」ですが、現行の体育教師の中には、「自分が体験、指導を受けたことがない」という理由から指導に困っている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、小学1年生を対象にした、誰でも始められるダンス指導のあり方を提案したいと思います!

    小学1年生にダンスを教えるって?

    小学校に入学したての1年生にとって、「授業」という形で「指導者に何かを教えてもらう」と自覚して授業を受けるのは初めての経験です。一般的な意識調査によれば、多数の生徒は、「ダンスが好きだ」「音楽が好き」「音楽に合わせて体を動かすのが楽しい」といった感想が得られます。しかしその一方、「どうやって体を動かしたらいいのか分からない」「人前で踊るのが恥ずかしい」という感想を持つ生徒がいることも事実です。まずは、この「恥ずかしい」「分からない」という感覚を払拭させるようにしましょう!

    まずは音楽に合わせて手拍子!!

    まずは、各先生が用意した、生徒にとっても分かりやすい曲(流行りの邦楽や、アニメソング、童謡や有名な曲)をかけて、それに合わせて手拍子を取るところから始めましょう!そのときのポイントは、『立った状態』で手拍子を行うということです!

    あくまでも授業内容は「体育」なので、「体を動かす」状態にスムーズに持っていけるように「立った状態」での指導を心がけましょう。
    (例)QUEENの「We are the champion」に合わせて1.2.3のリズムで「右足、左足、手拍子」の順番に体を動かすなど。

    ダンスが好きな子も苦手な子も、みんな一緒に行動する

    後半では、先生が決めた動きを生徒がしっかり出来ているかペアになってお互いにチェックすることも必要ですが、この時点では「みんな一緒に動く」ことから始めましょう!

    みんながやっていれば、生徒は「恥ずかしい」という感覚を持たずに動くことが出来ます。さらに、前述の手拍子が終われば、曲に合わせてスキップをしたり、ジャンプしたり、グルグル回ったりといった、単一的な動きが出来るようにしましょう!

    例えば曲に合わせてジャンプすることが出来ない子がいれば、隣の子と手を繋いで一緒にジャンプするのもいいでしょう。みんなで手を繋いでジャンプすれば、自然とリズムに合っている子に、出来ない子も合うようになっていきます。手拍子も胸の前での手拍子だけではなく、顔の横や、股の間など、様々な姿勢、場所での手拍子を取り入れれば、次第にダンスっぽくなっていきます。

    【関連記事】
    ダンス指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標
    ダンス指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    【高校体育】現代的リズミックダンスの指導案

    1035 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 144440 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 23024 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 21369 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 13303 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 10813 views

人気のキーワード