体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: ボール

  • 未分類

    ボールを使ったゲームの3つの型〜ゴール型・ネット型・ベースボール型〜

    はじめに

    チーム同士で競い合い、仲間と協力して相手チームと競うことで楽しさや喜びを味わうことができるのがボールゲームです。
    ゴール型ゲーム・ネット型ゲーム・ベースボール型ゲームの3つの型は柔軟にルールを変えることができるので、遊ぶ人に合わせて工夫することができます。勝つために作戦を立てたり、仲間と力を合わせていくことでより一層楽しむことができます。

    今日はその3つの型を紹介していきましょう。

    ゴール型ゲーム

    ゴール型ゲームではコート内で攻守が入り交じり、手や足などでボールを操作したり、空いたスペースを上手く使い、ゴールにシュートや陣地を取り合って得点ゾーンに走り込んだりしながら制限時間内の得点を競い合うゲームです。

    種目例
    サッカー、バスケットボール、ハンドボール、ラグビーなど

    これらを基にした易しいゲームの例
    ・ポートボール・・・バスケットゴールの代わりに人を立たせる
    ・ラインサッカー・・・ゴールとキーパーを置かずにラインマンを置く
    ・タグラグビー・・・タックルなどの接触プレーがなく、腰のベルトを取り合いながら行う

    また、ゴールの幅を変えたり、行動可能区域を制限したりすることでゲームの簡易化ができます。

    ネット型ゲーム

    ネット型ゲームではネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、自陣から相手コートに向かって攻撃を仕掛けたり、攻撃を防御したりして一定の得点に早く達することを競い合うゲームです。ボールの他にラケットやシャトルを使う種目もあります。

    種目例
    バレーボール、テニス、バドミントン、卓球など

    これらを基にした易しいゲームの例
    ・プレルボール・・・ボールを手で打ちバウンドさせ、決められた回数内に返球する
    コートの広さを狭めたり、サーブは打たずに投げ入れたりすることでゲームの簡易化ができます。

    ベースボール型ゲーム

    攻守を規則的に交代しあい、一定の回数内で得点を競い合うゲームです。攻守ともに作戦を変えながらプレーでき、道具を変えることでの簡易化ができます。

    種目例
    野球、ソフトボール

    これらを基にした易しいゲームの例
    ・キックベース・・・バットで小さなボールを打つかわりに、大きなボールを蹴る。
    ・バッティングティ・・・ピッチャーのボールを打つのではなくティーの上のボールを打つ
    ・バットの代わりにラケットを使ったり、得点の方法を変えることでの簡易化ができます。

    おわりに

    学校の授業で習うものから習い事で習うようなスポーツまでさまざまでしたね。
    バリエーションを増やした体育の授業を行うためにも、ぜひ活用してみて下さい。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象特性と実態
    ラグビー指導案①〜特性・指導・評価について〜
    ハンドボール指導案①〜特性・指導・評価について〜

    【参考文献】
    http://www.mext.go.jp/

    2924 views
  • 指導案

    ボール遊び指導案 小学1年生対象(具体的な指導案)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のボール遊びにおいて具体的にどのような内容を取り入れて授業を進めていくのが良いかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    はじめの授業

    1、まずは、生徒達に、ボール遊びのねらいや注意点について説明します

    2、準備や片付けの手順について説明します

    3、ペアになってキャッチボールをしてもらいます(このとき投げ方は上手投げでも下手投げでも構いませんが、相手を思いやって投げることを心がけさせましょう)

    なか授業

    1、ペアによるキャッチボールから授業を毎回始めるようにしましょう

    2、準備や片付けについてもキチンと協力しあって行なっているか確認、指導しましょう

    3、「どこまで遠くに投げることが出来るか」「落とさずに何回キャッチボールが出来るか」「狙った的にボールを当てることが出来るか」「ボールを転がして、円の中で止めることが出来るか」「お手玉が出来るか」など、力のない子や遠くまで飛ばせない子も楽しむことが出来る内容を工夫して取り入れましょう

    4、毎回違うグループを組ませて、それぞれの競技に代表選手を選出する形で得点を争い合うゲームをしましょう(そのとき、毎回違う競技に生徒達が挑むことが出来るようにシャッフルすることを心がけましょう)

    5、それぞれの競技に関して、上手な子は何故上手なのか、どうすればもっと良くなるかを話し合うことが出来るようにしましょう

    6、失敗した子には「ドンマイ」、成功した子には「おめでとう」など、互いを高め合うように励まし合うことを心がけさせましょう

    まとめ授業

    1、なか授業で体験した競技内容を利用したゲームを行い、点数を競わせましょう

    2、この最終ゲームのときには、各々の生徒が得意な競技で十分活躍することが出来るように、生徒達でチームを組ませながら、先生も助言していきましょう

    3、感想用紙を配布し、「ボール遊びはどうだったか」「何が得意だったか」などを記入させ、各々の生徒に自信を持たせるようにしましょう

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象特性と実態
    ボール遊び指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標
    ダンス指導案-小学1年生対象具体的な指導案

    1501 views
  • 指導案

    ボール遊び指導案 小学1年生対象(身体的・道徳的目標)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のボール遊びにおける体や心の発達目標を提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    どこまで出来るようになればいいの?

    まずは、ボールも硬さや大小など、多くの種類を用意しましょう。そして、ペアになって、しっかりと相手の位置に向かって投げることが出来るようになりましょう。相手に向かって投げる時も、「相手がキャッチしやすいように投げる」ことを心がけさせましょう。

    体はどういう風に動けばいいの?

    上手投げも下手投げも、しっかりと相手や的など、目標に狙って投げることが出来るようにしましょう。遠くまで投げる際の腕の振り方などを指導し、生徒がしっかりと体全体を使ってボールを投げることが出来るようにしましょう。

    苦手な投げ方がある生徒に対しては、どうすれば改善出来るかを指導し、あらゆる投げ方に対して苦手意識を無くすようにしましょう。

    ボールを投げて競うだけではない!?

    「ボール遊び」の授業では、「ボールの扱い方が分かるようになる」だけではなく、一連の授業を通して、相手を思いやるなどの道徳的成長も促すことが出来ます。

    キャッチボールにおいては、「強く投げる」や、「相手に向かって投げる」だけでは、投げられた方はキャッチが難しくなります。そこで、「相手のどこを狙ってどのくらいの力で投げればキャッチが容易に出来るか」を考えさせましょう。そうすることによって、相手を思いやる気持ちが芽生えます。

    さらに、様々な工夫を凝らしたゲームを、点数を競う形で用意することによって、他者の得意分野などを尊重し、お互いの得意不得意を見極めることができ、それは生徒達に「全体の調和」を考えさせるきっかけになります。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    ダンス指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    ダンス教育指導案-小学1年生対象特性と実態
    【小学校】運動会の代名詞〜騎馬戦〜

    544 views
  • 指導案

    ボール遊び指導案 小学1年生対象(特性と実態)

    はじめに

    ここでは、小学1年生のボール遊びにおける特性や実態がどんなものなのかを提示していきます。指導案の作成にお役立て下さい。

    生徒にとってボールのスポーツはどういう印象?

    どうすればみんなが楽しめる?

    まずは、みんながボールに慣れるようにペアになって野球ボールなどを使ってキャッチボールをさせましょう。短い距離でも良いし、上手投げでも下手投げでも構いません。この際、そういったボールを扱うのが得意な子は、得意な子同士で組ませるようにしながらも、あまり乱暴な球は投げさせないように注意しましょう。

    そして、球技の内容も、手や足を使った内容、どこまで遠くに投げることが出来るか、近くの的を狙って当てることが出来るか、ボールを転がして、指定の円の中に入れることが出来るか、お手玉などバリエーションを豊富に取り入れた、グループで点数を競うゲームにして、肩の弱い子や力のない子も特性を活かして協力出来る内容にしましょう。

    ボール遊びに対して生徒はどう感じている?

    「ボールを扱う運動」に対して、多くの生徒は「楽しい」「ボールが跳ねて面白い」「もっとやりたい」など、肯定的な意見が得られます。しかし、3割程度の生徒からは、「楽しいともつまらないとも感じない」「体や顔に当たったら怖い」「楽しくない」「どうやって投げればいいか分からない」などの意見も見受けられます。そういった生徒も自主的に参加出来るように、授業内容を工夫して、「出来る子だけが出来る」内容にならないように心がけましょう。

    【関連記事】
    ボール遊び指導案-小学1年生対象身体的・道徳的目標
    ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案
    バスケットボール指導案①【基本パスの種類】

    494 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 144435 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 23023 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 21369 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 13303 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 10813 views

人気のキーワード