体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

タグ: フォークダンス

  • 指導案

    フォークダンスが日本に導入されるまでの歴史

    はじめに

    みなさんはフォークダンスを踊られたことはありますでしょうか。日本の小学校などでも広く踊られていて知名度が高いものには、マイムマイムのような手を取って円になって踊るものがありますね。実はフォークダンスという言葉は民族舞踊(民族の間で踊られている伝統の踊り)という意味なので、日本のソーラン節なども言ってしまえばフォークダンスの一種となるのですが、本記事では最初に言ったような外国のフォークダンスがどのように入ってきたのかの歴史をご紹介いたします。

    フォークダンスが日本にやってきたのは戦後のこと!

    フォークダンスが日本にやってきたのは戦後のGHQによる日本への民間教育がキッカケだったと言われています。「アメリカが日本人を娯楽に夢中にさせて骨抜きにさせるため」だとか、「男女が同じ立場で娯楽に勤しむことで男女平等を教えるため」など、フォークダンスを輸入した意図については諸説あるようですが、この教育によって現在まで親しまれるフォークダンスの原型が入ってきたのですね。

    最初に入ってきたのは「スクエア・ダンス」

    フォークダンスはGHQから日本に伝わったものだと言いましたが、そもそもは「スクエア・ダンス」という種類のフォークダンスを、長崎の教育官をやっていたGHQの二ブロさんが地元の人々に伝えたことが最初のキッカケだったそうです。スクエア・ダンスもアメリカ由来のフォークダンスの一種で、複数の男女で集まってみんなで楽しみながら踊るという趣旨のダンスとなっています。二ブロさんの尽力、ダンス自体の魅力の高さや、日本へのレクリエーション教育の導入の向きが高くなったこともあり、スクエア・ダンスはあっという間に日本中に広まったと言います。

    フォークダンスの更なるメジャー化へ

    フォークダンスが輸入されてしばらくのこと、更にハーマンさんという世界中のフォークダンスの楽曲をレコード化するなど、世界中にダンスを広めることに大きな貢献をしていた方がアメリカから派遣されることになります。そのことがキッカケとなりフォークダンスブームに火がつき、日本のフォークダンス連盟が設立されるに至ります。

    まとめ

    日本にフォークダンスが導入されたのはGHQの日本人骨抜き化のためと言うと、あまり聞こえはよくないですが、娯楽としてのダンスが入ってきたことによって、戦後の日本人の傷ついた心が大いに癒されることに繋がったという見方もすることはできるでしょう。教育としてダンスが定められている今の時代、娯楽として導入されたフォークダンスの歴史に思いをはせて、時代を超えて伝わっているダンスの楽しさに触れようとしてみるのもよいかもしれませんね。

    【関連記事】
    よく分かるフォークダンス指導方法

    【高校体育】現代的リズミックダンスの指導案

    【学校の授業】プロ選手になるメリット・デメリット

    964 views
  • 指導案

    よく分かるフォークダンス指導方法

    はじめに

    学習指導要領の中にも組み込まれている、フォークダンス。音楽は聞いたことあるけど、その歴史や指導法はイマイチピンとこない方も多いのでは?今日はそんな方に向けた記事を書いていきたいと思います。

    フォークダンスのルーツとは?

    よく耳にする「フォークダンス」ですが、これらは民俗舞踊のことを指しており、狩りの収穫を祝って踊ることがルーツといわれています。日本には、第二次大戦後の長崎に教育担当官として駐在した米国人、ウインフィールド・P・ニブロ氏の活動がきっかけとなり、昭和20年代に全国に普及したのが始まりです。学校の運動会が神社や寺の境内で主催されていた時代に行っていた盆踊りがルーツという説もあります。

    昭和31年に設立した「日本フォークダンス連盟」は、現在全国都道府県に合計49の支部が設けられており、各支部に所属する会員は合わせて約10万人ほどの大きな組織になりました。5種目のダンス(※)の普及に加え、学校教育での指導サポートや高齢者の方々に楽しんでいただくレクリエーションの手伝いなど、幅広く活動しています。

    (※)フォークダンス・日本民踊・スクエアダンス・ラウンドダンス・レクリエーションダンスの5種類のこと

    フォークダンスで一番大事なこと

    フォークダンスのメリットは、
    ・シンプルなステップで一体感を感じられる。
    ・手と手を取りあうことで友情が生まれる。
    ・言葉や文化、年齢の違いを超えて、みんなでひとつになれる

    などがあります。同じダンスでも、互いに手を取り合い、顔を向け合って行うフォークダンスは、リズムを通じてコミュニケーションがとりやすくなる種目とも言えます。特に、思春期に入る子ども達は同じグループで固まってしまう可能性が高く、授業を通して普段話せないクラスメイトとのコミュニケーションを取るきっかけにもなります。自然と仲間意識を持たせることが期待できるので、恥ずかしがらずに取り組ませることが最も重要になります。

    指導方法

    【動画を見せる】

    普段なかなかしないような動きやステップをするので、まずは生徒たちに大枠を把握してもらう必要があります。実際に先生同士でやっているのを見せるのも良いですが、授業を進める先生が単身の場合は動画に頼りましょう。音楽を覚えるきっかけにもなります。

    ▼最もポピュラーとも言える「コロブチカ」
    「コロブチカ」は、TVゲーム「テトリス」のBGMとしてすっかりお馴染みとなったロシア民謡ですね。このような小ネタを入れてあげるのも、授業がもりあがるきっかけになります。


    (https://youtu.be/LhQv6S1OJpI?t=3m19s)

    【踊りの説明は言葉を付けを】
    フォークダンスを楽しむためには、まず踊りを覚える必要があります。普段ダンスをしない生徒にとっては、ダンスを覚えること自体が難しい可能性が高いので、楽しく覚えやすい授業をすることが重要です。

    例えば、上記のコロブチカの場合ですが、音楽に合わせ「右に回って♪、左に回って♪、手を取り合ってま〜わ〜る〜♪」など、踊りながら次の動作を口頭で伝えてあげると、覚えやすくなります。脳の運動野は、体を動かし実際に筋肉が動くと、この刺激が脳に戻ってくるという回路があるため、体を動かしながらの方が覚えが良いとも言われているからです。これを先生がいうだけでなく、子ども達も口走りながら行うとより暗記しやすい環境を作れます。

    【明るい反復練習】
    大枠のダンスが把握できたら、あとは反復練習です。何度も音楽をかけ、かならず水分補給を行って授業を進めましょう。

    全国のすごいフォークダンス

    ▼メキシコ民族舞踊団アウィスラ
    普段あまり聞かないような音楽や踊りなのでとても新鮮ですね。民舞踊ということもあり、衣装もたいへんお洒落です。


    (https://www.youtube.com/watch?v=zNhADb3wpG4)

    ▼「ポロネーズ ウロチスティ」
    日本フォークダンス連盟よりお借りしました。大人数で迫力がありますね。


    (https://youtu.be/hLsjk-1UBKE?t=1m4s)

    さいごに

    「ダンス」が中学校の学習指導要領で必須となり、これまで球技や水泳、マット運動などが中心だった体育教科の指導も経験がないと難しくなってきたように感じます。しかしフォークダンスは、HIPHOPや創作ダンスに比べると、基本ルールもあり、ステップやリズム取りが簡単なので生徒にとっても取り組みやすいもの。先生も生徒もダンス1年生(初心者)と考えれば、どのような点で躓くかも予想が付きやすいです。どのようにすれば子どもたちに伝わるかは、ダンス初心者の先生ほど理解がしやすいかもしれませんね。

    はじめにお伝えした「日本フォークダンス連盟」では、フォークダンス指導専用の資料も販売していますので、授業の教材として使ってみてもいいかもしれませんね。

    3399 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120651 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19562 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18821 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11172 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8736 views

人気のキーワード