体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

初心者でも分かるポジションの役割(ポートボール)

17978 views

はじめに

小学校の体育の授業などでよく扱われるスポーツ、ポートボール。
大阪府堺市がポートボールの発祥と言われています。

今回はそのポートボールのルールとポジションを簡単に説明していきます。

ルール

ポートボールのルールは、1個のボールを2チームで争い、パスやドリブルを使って味方のゴールマンにボールを投げ渡すと得点になり、一定時間内に得点の多いチームが勝利となります。
コートの大きさは以下の図で参考にしてください。

また1チーム7名で構成され、ゴールマン1人、ガードマン1人、プレイヤー5人に分けられます。
以下にそれぞれの役割について簡単に説明していきます。

ゴールマン

ゴールマンはシュート台の上に立ち、シュートをキャッチすることが役割ですゴールマンがキャッチしないと得点にならないので、責任重大です。
また台の上から指示を出すことも必要で、味方に必要な情報を伝えることも役割の1つです。

ガードマン

ガードマンはガードゾーンで相手のシュートの邪魔をすることが役割。
シュートされたボールをジャンプして阻止しないといけないし、最後のディフェンダーになるため守備の要でもあります。

またシュートを入れられたら、スローインをしないといけないため、次の攻撃の指示を出すリーダーシップも必要になります。

プレイヤー

チームによって、更に細かくポジションが分けられていたりします。

例えば、ドリブルでディフェンスを突破して、前にいる味方にパスを出すポジション、ゴール付近に立ちパスを受けシュートをするポジションなどに分かれています。
身長などの体格、身体能力によってポジションが変わることが多いです。

得点をしないと勝てないため、それぞれで担う役割は大きいです。

まとめ

ポートボールのルールとポジション別の役割について説明しました。
バスケットボールと似ていますが、バスケットボールより得点することが比較的容易なので、誰でも簡単に始めやすいスポーツだと思います。
町内会などで集まって、実際にみんなでやってみてはどうでしょうか。

【関連記事】
ボール遊び指導案-小学1年生対象具体的な指導案

バスケットボール指導案①【基本パスの種類】

ハンドボール指導案①~特性・指導・評価について~


関連記事

お子さんの栄養素足りてますか?
お友達と比べて背が低い子どもならば、今から対策しないと後悔します。
シェイクックは今なら特別に半額!

▼詳細はこちら▼

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 66389 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 4620 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 5394 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 3095 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 714533 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 714534 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 108146 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 75730 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 66389 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 57907 views

人気のキーワード


カテゴリー