体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ソフトボール基礎知識

    はじめに

    ソフトボールが得意な生徒・苦手な生徒必ずいると思います。
    今回はソフトボールのルールを試合・投手・打者に分けて紹介します。

    ソフトボール・ルール試合

    ソフトボールの基本的なルールは、ほとんど野球と変わりありません。

    ・ダブルベース
    打者はオレンジ色のベースにタッチします。
    野手はホワイト色のベースにタッチします。
    走者はどちらのベースにタッチしても大丈夫です。

    ・試合メンバー
    ソフトボールの試合は9人で行います。
    ただしDP(打者専門)・FP(守備専門)を試合メンバーに入れると10人で試合を行うことも出来ます。
    DP・FPは先発メンバーに含めなければいけません。
    DP は守備も兼ね備えることが出来ます。その逆も可能です。
    DP・FPの選手は途中交代を行うことが出来て、再入場することも出来ます。
    DP ・FPが再入場するさいは、交代した選手と変わらなけれべいけません。

    ・リード禁止
    ソフトボールの場合は、野球と違って塁間が20mしかありません。
    その為リードが禁止になっています。

    ソフトボール・ルール投手
    ・投球練習
    投球練習は1分以内に5球まで行えます。
    2回目以降は3球までとなります。

    ・ピッチャーズサークル
    ピッチャーは投手板を中心としたピッチャーズサークルで投球することがルールになっています。

    ・ウィンドミル投法
    腕を回転させて投げる方法をウィンドミル投法といいます。
    投手はウィンドミル投法(下投げ)で始めなければなりません。

    後は野球のルールと一緒です。

    打者のルール
    ・打者の構え
    打者は球審が「プレイ」を宣言したら、10秒以内に打撃姿勢をとらなければなりません。

    ・バッターボックス
    打者はバッターボックスに入った状態で打撃をしなければなりません。
    片足でもバッターボックスが出た場合は、アウトになります。
    バッターボックス外に出た状態で、戻って打ってもアウトです。

    後は野球のルールと一緒です。

    まとめ

    生徒の中にはソフトボール経験者がいる可能性もあります。
    ヤンチャな生徒も必ずいると思われます。
    問題を起こさず安全性に考慮して、なおかつソフトボール経験者に揚げ足を取られないよう、授業として成り立つルールを紹介しました。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案③ソフトボール基本練習メニュー

    中学実習生のためのシンプル指導案④ソフトボールゲーム

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ソフトボール実技テスト

    5257 views
  • 未分類

    中学実習生のためのシンプル指導案①ソフトボール導入

    はじめに

    ソフトボールが得意な生徒・苦手な生徒必ずいると思います。
    今回はソフトボールの始まりから、面白さまでを紹介します。

    ソフトボールの起源

    ソフトボールの起源は、12~13世紀のイギリスで発案されたクリケットです。
    その後、クリケットをもとにしたベースボール等のスポーツがアメリカに伝えられました。
    19世紀後半ごろ、ソフトボールの原型である「プレーグランドボール」
    や「インドアベースボール」が行われます。
    1926年頃、初めて「ソフトボール」という名称で正式採用されました。
    日本には1921年頃、東京高等師範学校の大谷教授によってソフトボールが伝わります。
    1949年頃、日本ソフトボール協会が設立されて、同年8月には日本初の全日本女子選手権大会が行われました。
    1966年になるとアトランタオリンピックで正式種目として採用されます。

    ソフトボールの楽しさ

    ソフトボールは、卓球・テニス・ボクシングといった少数精鋭スポーツや単独スポーツと違って、団体スポーツです。
    団体の中で自分がどう動けば良いか、どうすればチームに貢献できるか、ソフトボールをやる事によって身についていきます。
    社会でもチームワークが重要になるため、社会性が身に付きます。
    また仲間と一緒に行う連携技であったり、個人で行う基礎練習であったり、様々な角度から成長できる要因があるため本気で行うとどこまでも追及できます。
    新しいこと好き・努力好き・には持って来いのスポーツです。

    まとめ

    ソフトボールの指導方法として、まずは始まりの部分と面白さの部分について触れました。
    これからソフトボールの知識を深めていく上で重要な部分になります。立派な指導者を目指して、1つ1つやっていきましょう。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案②ソフトボール基礎知識

    中学実習生のためのシンプル指導案③ソフトボール基本練習メニュー

    中学実習生のためのシンプル指導案④ソフトボールゲーム

    10192 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①走り幅跳び導入

    はじめに

    中学校には走り幅跳びが得意な生徒・苦手な生徒必ずいるでしょう。
    今回は、走り幅跳びの始りから楽しさを紹介します。

    走り幅跳び・はじまり

    古代オリンピックから走り幅跳びは存在しており、とても歴史がある競技です。
    古代オリンピックでは、花形競技と言われておりとても人気があったそうです。
    当時、選手は全員裸だったそうです。
    また石などで作られたハルテーレスという重りを両手に持って飛んでいました。
    競技は笛の音に合わせて、行われていて現在でも受け継がれています。
    1991年アメリカのマイク・パウエル選手が記録した8m95が今もなお世界最高記録として受け継がれています。
    走り幅跳びは、ただ遠くに跳べばいいのではなく極めていくと、色々と奥が深い競技です。
    古代オリンピックでは16mを跳んだ選手がいたという説が受け継がれています。
    どういったルールを用いてやったのかは解明されていなくて、本当かどうかは分かりませんが、もし本当だったら人の可能性を感じられます。

    走り幅跳び・楽しさ

    走り幅跳びは、ただ跳んでいる人を見るだけでは、興味のない人は面白みに欠けるかもしれません。
    しかし、実際に何度か跳んでみると、着地点が変わってきます。
    そうすると目の前の景色が若干違って見えるため、ちょっとした不思議な感覚を覚えるそうです。
    また自分の中で最高記録を出した日には、生まれ変わった感覚も得られるみたいです。
    走り幅跳びは、大きく分けると4つで構成されています。
    ・助走
    ・踏み切り
    ・空中での姿勢
    ・着地
    これらを1つ1つ極めていくと、記録を伸ばしていけるそうです。
    指導者として、走り幅跳びの奥深さに触れてみてはいかがでしょう

    まとめ

    走り幅跳びが得意な生徒・苦手な生徒少なからずいると思います。
    まずは知るという事が大切ですから、走り幅跳びについて楽しく説明してみてはいかがでしょう。

    【関連記事】
    走り高跳び指導案①~特性・指導・評価について~

    中学実習生のためのシンプル指導案①陸上リレー導入

    中学実習生のためのシンプル指導案①マラソン導入

    3889 views
  • トレーニング, 指導案

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑪ボート・カヌー

    はじめに

    あまりメジャーではなく、マイナーどころの部活動となりますが、ボート・カヌーという競技があります。湖面や川を滑るように漕いで行くスポーツですね。このボート・カヌーといった競技ではどのような怪我をしやすく、どのように対処すれば良いのでしょうか。

    ボート・カヌーで起こしやすい怪我とは?

    ボート競技やカヌーでは、体全体を使って、思いっきりオールを引く運動をします。そのために膝や腰に痛みが走りやすく、劇症化すると立つこともままならなくなります。これはキャッチ姿勢から発揮したパワーをフィニッシュ時に腰で受け止めるので、腰椎部に大きな負担がかかるために起こると考えられています。あとは、肋骨疲労骨折も起こしやすいようです。腰への負担はやがて椎間板ヘルニアへと変化していきますので、注意が必要です。

    ボート・カヌーによる怪我の対処法とは

    椎間板ヘルニアを起こしやすい選手の多くは、キャッチ姿勢、骨盤が後ろに最大限下がる姿勢、股関節が最大限に伸びる姿勢のとき、すべてにおいて股関節の角度が広く、動きが大きいことがわかりました。ですので、オールを引く運動をするときの姿勢、フォームを研究し、無駄のないフォームを身につけることが怪我への対処法となると考えられます。

    まとめ

    ボート競技やカヌーでは、体全体を使って船を漕ぐ動作をして、その負荷は腰にかかりやすいということでしたね。その為、腰への負担が椎間板ヘルニアを引き起こしやすいようです。椎間板ヘルニアを起こしやすい選手を研究した結果として、フォームが大きいといった共通点が見られ、オールを引く運動をするときの姿勢、フォームを研究して無駄のないフォームを身につけることが怪我の予防となることがわかりました。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法⑫競技ダンス

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑬スキー

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑭ソフトボール

    11611 views
  • トレーニング, 指導案

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑩陸上走り幅跳び

    はじめに

    部活の中でも陸上は人気のあるスポーツです。陸上競技の中でも陸上走り幅跳びというものがあります。この陸上走り幅跳びではどのような怪我を起こしやすいのでしょうか。そして、どのような対処法があるのでしょうか。ご紹介したいと思います。

    陸上走り幅跳びで起こしやすい怪我とは?

    陸上走り幅跳びで起こしやすい怪我としては、捻挫が挙げられます。捻挫とは関節の骨と骨を繋ぐ靭帯を痛めた状態のことを指します。次に肉離れが挙げられます。柔軟運動を十分せずに急な運動をした際に筋繊維が断裂してしまう症状です。そして、シンスプリントが挙げられます。シンスプリントとは、下腿部の中央から下部の内側の痛みのことを指します。こちらも十分な柔軟をせずに急な運動をした際に起こりやすい症状です。あとはオスグッド病というものがあります。10歳~15歳くらいの成長期に過度な練習を行うとオスグッド病になりやすいと言われています。最後に、走り幅跳びの選手がなりやすい怪我のひとつにジャンパー膝というものがあります。ジャンプを繰り返すことで膝に負担がかかり内部に炎症を起こすというものです。

    陸上走り幅跳びによる怪我の対処法とは

    怪我の対処法としては、まず、事前に十分な柔軟運動、準備運動を行うことが怪我の予防に繋がり、一番の対処法となります。怪我をしてしまった場合には、RICE処置という応急処置を速やかに実施する必要があります。簡単にいうとアイシングをしましょうということです。正確には違うのですが、そこは対処法②サッカーで触れています。怪我をしてしまった場合は、この処置を速やかに行った後、専門の整骨院などの病院で診断を受けましょう。怪我の後は安静にして、一日も早く完治を目指すということが大切です。こういった目に見えない怪我は、慢性化しやすいので、怪我を放置したせいで慢性化して引退を余儀なくされる選手も多くいます。

    まとめ

    陸上走り幅跳びでは、捻挫、肉離れ、シンスプリント、オスグッド病、ジャンパー膝といった怪我をしやすいと言えます。怪我をしないための対処法としては、事前にしっかりと柔軟運動や準備運動を行うことでした。怪我を負ってしまった場合には、RICE処置を行い、アイシングをしっかりとして安静にした後、整骨院など専門医で観てもらうことが大切ということがわかりましたね。

    【関連記事】
    部活中に起きやすい怪我と対処法⑪ボート・カヌー

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑫競技ダンス

    部活中に起きやすい怪我と対処法⑬スキー

    7610 views
  • トレーニング, 指導案

    ゼロから始める跳び箱入門④開脚跳びができない原因

    はじめに

    跳び箱の基本の技といえば開脚跳び。基本の技でも、綺麗にパッと足を開いて跳び箱を跳べたらかっこいいですよね。でも跳び箱を越えられず跳び箱の上に座り込んでしまうなどの失敗はよく見受けられます。何故失敗してしまうんでしょうか!開脚跳びに失敗してしまうポイントはいくつかあるのでそれを紹介します。

    助走~踏み切りでの問題点

    ・助走の距離が適切でない
    助走は短すぎても長すぎてもいけません。跳び箱の高さにもよりますが、最初は大体5~6m程度の助走で大丈夫だと思います。勢いだけがあってもだめですし、なさすぎてもだめです。ひとによって踏み切りまでに丁度良い距離も違うと思うので、色々試して探してみてください。助走の質は踏み切りに関係します。

    ・踏み切りがきちんとできていない
    踏み切りはロイター板の奥の方を踏んで行います。ロイター板の手前で片足で跳び、そのポイントをめがけて両足で着地、力強く踏み切り前へ跳びます。

    助走→踏み切りの流れをロイター板のみで練習して助走の距離と踏み切りまでのリズムの感覚を掴みましょう。

    着手に問題がある

    ロイター板で踏み切ったあとは跳び箱に手をつきます。まず跳べない時は手をついている位置を確認しましょう。しっかり奥の方についていますか?腕を伸ばし跳び箱の奥の方に手をつかないと跳べません。
    しかしただ手をつくだけでは跳べません。うまいこと体重移動する必要があります。その感覚を身につけるために、以前準備運動で紹介した馬跳びや、その後紹介したウォーミングアップを行いましょう。

    精神的な問題

    特に初めての場合は跳び箱をより怖く感じると思います。助走したくてもつい勢いを弱めてしまったり、踏み切りも強くできなかったり。その場合はロイター板なしで踏み切り板を用いて低い跳び箱からチャレンジして段々高くしたり、やわらかい跳び箱を用いて失敗したら痛いという恐怖を取り除くなどして少しずつ跳び箱に慣らさせましょう。

    まとめ

    開脚跳びは技術的に言うと除草、踏み切り、着手の三つのポイントをしっかり押さえれば簡単に跳ぶことができます。自分ではそのポイントを確認できないので友達同士で確認して指摘しあうのも楽しいですよ!
    跳べない原因には繋がりませんが、最後の着地ももちろん大切です。失敗すると怪我の原因になります。跳び箱をする際はふざけずに全て抜かりなく。程よく緊張感を持って楽しくやりましょう!

    【関連記事】
    【中学校の授業】基本を抑えよう、跳び箱開脚跳

    跳び箱遊び指導案-小学2年生対象特性と実態

    体操の基本練習①柔軟体操その1

    4534 views
  • トレーニング, 指導案

    ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ

    はじめに

    跳び箱のウォーミングアップについてです。いきなり跳び箱を目の前にしてさあ跳ぼう!と言われてもなかなか跳べませんし、事故や怪我に繋がります。まずは跳び箱に慣れるところから始めましょう。そのためのウォーミングアップを紹介します。

    着地のためのウォーミングアップ

    跳び箱のみでなく恐らく全ての器械体操の最後を締めくくる、着地。最後の美しさを決めるのは着地です。また着地をしっかりできないと怪我にも繋がります。着地は最も大事なポイントだと言っても過言ではありません。着地をしっかり行うためのウォーミングアップを紹介します。

    ・手叩き跳び下り
    跳び箱から手を叩きながら跳び下り、着地します。その時手を叩いた回数は数えて記録しましょう。この数を競うと楽しいと思います。数の判定の際、着地は注目されるのでしっかりした着地を意識できるようになります。

    ・開脚跳び下り
    跳び箱から開脚をして跳び下ります。開脚の綺麗さも気にしながら、着地は両足を揃えてしっかりと。段々高さへの恐怖も薄れてくると思います。

    ・2分の1ひねり跳び下り
    名の通り、跳び箱から半回転して跳び下ります。ぴったり跳び箱を向いてしっかり着地できるようにしましょう。
    どれを行うときも着地後の腕を上げ伸ばすフィニッシュポーズは心がけましょう。

    着手と体重移動のためのウォーミングアップ

    ・またぎ乗り、またぎ下り
    数歩の助走で跳び箱に手を着き跳び箱に跳び乗り、その後座った状態から再び手を着きお尻を浮かせ、跳び箱から下りる。この時、切り返し系の運動と同様にしっかり跳び箱の奥に手をつくことを意識するようにしましょう。この運動をすることで体重移動の感覚が掴めるようになります。

    ・跳び乗り
    数歩の助走の後踏み切り、跳び箱に両手をついて両足で跳び箱の上に乗ります。この時踏み切りはしっかり意識するようにしましょう。

    ・うさぎ跳びからの開脚下り
    高さの異なる三つの跳び箱を三つ用意できれば可能なウォーミングアップです。跳び箱を小さい方を一番手前にして高さ順にくっつけて並べて行います。必要不可欠な準備運動でお伝えしたうさぎ跳びで跳び箱を一回、二回と上がり三回目で開脚跳びをして下ります。下の動画の18秒~27秒を参考にしてください。

    まとめ

    いきなり跳び箱を跳ぶのは厳しくてもウォーミングアップをして感覚を身につければできるようになるかもしれないですよ!またウォーミングアップは怪我の防止にも繋がります。踏み切り、着手、着地と、跳び箱は失敗すれば怪我をしてしまうかもしれないポイントが多いです。ウォーミングアップは怠らないようにしましょう。

    【関連記事】
    ゼロから始める跳び箱入門④開脚跳びができない原因

    コンディショニングとは?①~基本と全身チェック方法~

    マット遊び回転運動学習指導案-小学2年生対象身体的・道徳的目標

    182578 views
  • トレーニング, 指導案

    ゼロから始める跳び箱入門②必要不可欠な準備運動

    はじめに

    跳び箱は実はとても危険です。組体操の危険性ばかり注目されていますが、実は事故件数は跳び箱の方が圧倒的に多いんです。首を骨折してしまう事故もありましたし、死亡事故もありました。
    いちばん気をつけて取り組まなければならないのが跳び箱なんです。楽しく安全に跳び箱をするためにも、準備運動は絶対に欠かせません。

    ストレッチ

    怪我予防のためのストレッチです。ストレッチにはラジオ体操など、動的ストレッチが効果的です。リズミカルに体を動かすことで筋肉をほぐすことができます。跳び箱は全身を使う運動です。ラジオ体操なら、全身をほぐせる素晴らしい準備運動になるのでぜひ行いましょう。跳び箱は特に手首や足首の怪我が多いので怠らないようにしましょう。

    その他簡単な準備運動

    ・ランニング
    助走の練習です。全力疾走ではなく軽く、ジョギング程度です。テンポよくやることが大事なので、ハイテンポで軽快な音楽に合わせて走るといいかもしれません。

    ・うさぎ跳び
    スクワットしながら移動するものではなく、小学校の体育でやる「折り返しの運動」に含まれる、うさぎのように手と足でぴょんぴょん進む運動です。まずしゃがみ、軽く跳びつつ少し遠くに手をついて手の間に足を着地させるという一定の動作をリズムよく続け、真っすぐ進みます。手、足、手、足とテンポよく続けることが大切です。本物のうさぎの跳び方をイメージすると上手くできると思います。これも跳び箱で大切なリズムを掴むための準備になります。

    ・手押し車
    腕を地面につき、誰かに両足を持ってもらい手のみで前に進む運動です。跳び箱をはじめ様々な運動に欠かせない腕支持の感覚が身に付きます。跳び箱にしっかり手を付けられるようになるので怪我も減ります。

    馬跳び

    ひとりが馬になり、もうひとりがそれを跳び越すというもの。跳び箱と動きがほぼ同じで準備運動にもなりますし、跳び箱が苦手な方にとっては跳び箱への恐怖心を減らす良い練習にもなります。手のつく位置、跳ぶタイミングなどをはかっているうちに跳ぶのに必要なコツもつかめるようになりますよ。徐々に高さを高くしたり友達同士で交代しながらやるのも楽しいです。

    まとめ

    実は事故の多い跳び箱。教育指導要領にも含まれる、体育では欠かせない種目です。できるようになると楽しいので、準備運動をして怪我なく楽しく取り組みましょう!

    【関連記事】
    ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ

    ゼロから始める跳び箱入門④開脚跳びができない原因

    分かりやすい水泳の指導ポイント①~小学校低学年~「プールに入る前に」

    9461 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑥マラソン授業の振り返り

    はじめに

    長距離走(マラソン)の授業を取りまとめる際に必要となる基本的な観点は「直接的な技能」「態度・知識・思考」「今後の課題」になります。この3つの基本的な観点から授業全体を総括する事により、学生は改めて自己技能レベルと今後の課題について明確な認識に及べます。今回はこのマラソン授業のまとめに関するお話を致しましょう。

    直接的な技能

    長距離走の技能全体を測る為の数字は非常に明確です。この競技の技能レベルは全て「タイム」によって測定できます。ただし、そのタイムをサポートする基本技能の要素は幾つかが存在します。それは「呼吸法」「上半身フォーム」「下半身フォーム」といったものです。これらの要素は長距離走に必要なLSD(Long Slow Distance:ロング・スロー・ディスタンス、できるだけ長い距離をゆっくり走る事の意)というスタイルを確立する条件として欠かせません。ワークシート等を利用しつつ、出来る限りタイム以外の上記要素の振り返りも行っておきましょう。

    態度・知識・思考

    走行時に周囲への配慮を行えていたか、積極的かつ主体的に取り組みを行えていたか、安全に競技を行える体調を維持できていたか、といったものが態度の評価点です。また、マラソンにおける各種名称・内容・コツ等の基本知識の把握と自己分析が適切に行われていたかどうか、という知識・思考の点もまた重要となります。これらは可視化しにくい主観的な観点です。指導側が客観的にある程度の判断を下し、必要な項目については特別に教示の時間を設けましょう。

    今後の課題

    上記の二項目が明確になれば、各人の課題点が自然と導かれます。走行の安定化にはどのようなトレーニングや方法が必要になるか、タイムを伸ばすには具体的にどのような身体能力を向上させるべきか、といった改善点について、指導側は適切な提示を行いましょう。特に先ほど述べた「呼吸法」「上半身フォーム」「下半身フォーム」の精度向上はタイムに直接結びつく要素です。「走る」という行為はこれからも日常的に関わる活動になりますから、授業の延長線上にある将来も視野に入れて授業全体を取りまとめましょう。

    まとめ

    以上がマラソン授業まとめに関するお話でした。直接的な技能と態度・知識・思考を確実に振り返り、今後の展開に繋げましょう。

    【関連記事】
    陸上競技指導案①【短距離走】

    中学実習生のためのシンプル指導案①陸上リレー導入

    片脚で行う下部腹筋のトレーニング方法

    5751 views
  • 未分類

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤マラソン実技テスト

    はじめに

    体育課の授業を展開していくに当たって基本技能の適切な把握はとても重要な意味を持ちます。自分(または生徒)が競技内における各種の技能についてどこまで到達をしているか。その分析が正しく行われる程、今後の指導にも更なる具体性と効果が現れます。その技能評価をする際に役立つのが実技テストです。今回はマラソン指導における実技テストについてお話を致しましょう。

    タイムによる測定

    長距離走という競技の本質は至ってシンプルで、「スタートからゴールまでのタイム」という数字が成果を全てを示しています。よって長距離走の実技テストにおいてもその測定方法は非常に明快で、一定距離の校内マラソンによるタイム測定によって個人の技能レベルを抽出する事が可能です。この際に気をつけたいのが走行環境です。天候や地面の整備状態等の条件をできるだけ均衡に保つ必要性があります。

    平均タイム

    評価基準については、厚生労働省が発表している「体力・運動能力調査」を参考にしてみましょう。ここには中学生の持久走の平均タイムが記されています。男子は1500m、女子は1000mの記録です。男子/女子は「12歳・7分00秒27/4分54秒68」「13歳・6分21秒74/4分45秒66」「14歳 ・6分04秒59/4分41秒16」となっています。男子の成長率が非常に高いのが特徴です。

    安全面について

    実技テスト時、学生はより高いタイムを出そうとして平常時以上の無理や緊張をしてしまう事があります。長距離走は多くの運動量を消耗する競技で、他競技のようにインターバル休憩がありません。健康リスクが伴いますから、いつも以上の安全への配慮が必要です。実技テスト実施前に、改めて「適切な水分補給をしておく事」「胸部不快感・冷や汗・ふらつき等の症状を覚えた場合は走行を中断する事」「脚・膝・腰等に痛みが出たら無理をせず歩く事」といった注意事項を提示しておきましょう。

    まとめ

    以上がマラソン指導における実技テストのお話でした。安全にタイム測定を行い、その結果を今後の授業展開に結び付けましょう。

    【関連記事】
    中学実習生のためのシンプル指導案⑥マラソン授業の振り返り

    姿勢を良くする脊柱起立筋トレーニング

    中学実習生のためのシンプル指導案①陸上リレー導入

    8001 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199658 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 182578 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 135949 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111802 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 102511 views

人気のキーワード