体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

分かりやすい水泳の指導ポイント⑦~小学校中学年~「まとめ」

8769 views

はじめに

この記事は、分かりやすい水泳の指導ポイント⑥~小学校中学年~「面かぶり平泳ぎ」の続きです。

まとめ

これまでの記事の中で学んできたように、小学校中学年時期における水泳の授業の大きな意義は、小学校低学年で身につけた「水に慣れさせる」・「水遊びを楽しいと思わせる」感覚から、小学校高学年でクロールや平泳ぎといった「型がある泳法を身につける」期間へと移行するための大切なステップ期です。

そのためには、「浮く運動」と「泳ぐ運動」に分けて指導するように心がけるのが効果的です。

大きく分けて、習得させたい技能は以下の4つでした。

【浮く運動】

伏し浮き・背浮き・大の字浮き・クラゲ浮き・変身浮き・集団浮きなど様々なポーズで上手に浮くことが出来るようになるまで練習させるようにこころがけます。

【連続したボビング】

水中で鼻からブクブクと息を吐き出して、水底を蹴って水上に上がったときに口から残りの息を吐いて、同時に口から一気に息を吸い込む、ということを習得させることで、小学校高学年でクロールや平泳ぎを学ぶときの呼吸が安定して行えるようになります。

【蹴伸び】

蹴伸びは、「浮く運動」と「泳ぐ運動」のまさに境目にある動きであり、水泳において最も基本的であり、最も重要な運動です。

決しておろそかにせず、手足が綺麗に伸びて頭が水中にしっかりと入っている蹴伸びが出来るようになるまで繰り返し練習させるようにしましょう。

【泳ぐ運動】

小学校高学年で習得に入る、クロールと平泳ぎのための最終準備段階です。

「面かぶりクロール」と「面かぶり平泳ぎ」で泳ぎながら呼吸をする必要のない状態で、まずはしっかりと「水を手足で押し出して前に進む」という感覚を身につけさせるように心がけます。

以上、今後子供たちが小学校高学年から中学校・高校と年齢が上がっていき、クロールや平泳ぎから背泳ぎ・バタフライまで習得していく中で、この小学校中学年の時期に学ぶことはとても重要なことですので、しっかりと方法やコツなどを伝えて、全員が習得することが出来るようにするのを目標に指導するのが良いです。

【関連記事】
分かりやすい水泳の指導ポイント~小学校高学年①~「クロールの呼吸法のコツ⑴」
分かりやすい水泳の指導ポイント①~小学校中学年~「習得させたい技能」
マット運動指導案①〜マット運動の評価基準について


関連記事

お子さんの栄養素足りてますか?
お友達と比べて背が低い子どもならば、今から対策しないと後悔します。
シェイクックは今なら特別に半額!

▼詳細はこちら▼

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111812 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 7175 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 8690 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 5037 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199739 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199740 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 182592 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 135955 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111812 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 102516 views

人気のキーワード


カテゴリー