体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

中学実習生のためのシンプル指導案①創作ダンス導入

2607 views

はじめに

2008年3月28日、文部科学省が中学校学習指導要領の改定を告示しました。この中で目玉となったひとつの改定点が「武道・ダンス」が必修化されたという点です。このダンス分野は「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムのダンス」で構成されており、自己表現や仲間との連携の経験値を視野に入れています。今回はこの創作ダンスについて、指導導入時のポイントについてお話を下しましょう。

ダンスの目的

授業導入時に「なぜダンスを指導するのか?」という目標点について学生側に提示をする必要があります。ダンスは柔軟性・平衡性・筋持久力の向上に役立つ活動です。これに加えて創作ダンスは既存のダンス動作を組み合わせて行う創造性・思考性にも一定の効果があります。これらの経験は将来的にも役立つものです。これらの要点を的確に示しつつ、ダンス活動に興味を持てない学生を適切に誘導させてあげましょう。

リズム肩たたき

創作ダンスは「創作」とは言え、既存のダンス動作を事前に把握して慣れておく必要があります。ブロックを組み合わせる前にブロックの形状を知って置く事が大事です。そこで、最初はもっともシンプルな「リズム肩たたき」のようなものから実践を開始します。学生全体が円陣を組み、全員が知る童謡等の音楽に合わせながら右手で「自分の左肩を叩く・左手で右肩を叩く」「前後左右に揺れる」「時計回りに回る・反時計回りに回る」といったリズム動作を連続させます。

静止動作

動作だけではなく、静止した挙動の美しさをじっくり鑑賞・分析するという導入練習も有効です。こちらについては、ペアで「1人が粘土役・1人が彫刻家役」になるという方法があります。粘土役は身体を固定させ、彫刻家役がその粘土役の学生の身体を動かします。動かした身体はその位置で再び粘土のように固定します。この練習はある程度の制作時間を取った後、それぞれの粘土役の作品観察の時間を設けます。造形美の優れたものを指導者が抽出し、その優れた点を言語として共有化すると良いでしょう。

まとめ

以上が創作ダンスの授業導入に関する話でした。適切な導入部を展開し、今後の授業展開に繋げていきましょう。

【関連記事】
中学実習生のためのシンプル指導案②創作ダンス基礎知識

中学実習生のためのシンプル指導案③創作ダンス基本練習メニュー

中学実習生のためのシンプル指導案④創作ダンス参考動画


関連記事

お子さんの栄養素足りてますか?
お友達と比べて背が低い子どもならば、今から対策しないと後悔します。
シェイクックは今なら特別に半額!

▼詳細はこちら▼

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111800 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 7174 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 8689 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 5036 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199641 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 1199642 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 182576 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 135937 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 111800 views
  • 知って得するバレーボール上達テクニック③スパイク編 102509 views

人気のキーワード


カテゴリー