体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

カテゴリー: 冬季オリンピック競技

  • 冬季オリンピック競技

    眠気も吹き飛ぶ授業の小話〜オリンピックあるある編〜

    はじめに

    2018年の冬季オリンピック、すごく盛り上がりましたね!男子が二人も表彰台に登ったフィギュアスケート、三つの金メダルを獲得したスピードスケート、そだねーなど流行語も生み出したカーリング、他にもスキージャンプ、ハーフパイプなど…どれも素晴らしかったです。誰もが感動するような名シーンもありました。オリンピックはたくさんの人の心を動かしましたね。
    そんなオリンピックのあるあるを紹介しようと思います。

    時差あるある

    ・日本時間の深夜にやっているときは寝不足になる
    やっぱり好きな競技や選手はテレビ越しでも生で応援したい!でも時差のせいで生で見ようとするとどうしても深夜になってしまい寝不足になります。その分平昌は韓国なので時差がなくその心配はなかったのですが…

    ・時差がなければないで日中にやっていても平日は仕事や学校で見られない!
    夜、生でオリンピックを見ていたから寝不足…ということにはなりませんが流石に仕事中や授業中は見られません。休むわけにもいかないし…帰ってきたら録画を見なきゃいけないから結局寝不足ですね。休日ならありがたいんですけどね。

    ・夜通しハイライト動画や名シーン、録画しておいたものを見てしまい寝不足!
    別に見ようと思えばいつでも見られるけど余韻に浸りながら見たい!話題沸騰中のうちに見ておきたい!で、結局寝不足。

    テレビ編あるある

    ・チャンネルの切り替えが激しくなる
    まだだから他の見てよと思ってチャンネルを変えて他の見て、思い出してチャンネル戻した頃には終わってて…っていうのを繰り返しちゃうんですよね。

    ・ちょうど見逃したところがハイライト
    ちょうど見てない試合で日本人選手がいい結果だしてたりするんですよね!最後の最後、いいところの直前で休憩が終わっちゃったり。

    ・録画でもつい応援してしまう
    もう結果は決まってるけど、なんか応援しちゃいますよね。

    その他あるある

    ・開会式の花火がすごくて毎回感動する
    毎回本数間違えたんじゃね?ってくらいめちゃくちゃ花火打ち上がりますよね。いちばん多かったのは2008年北京オリンピックの12万発で、ギネス記録にも認定されています。

    ・無性に運動したくなる
    スポーツ選手の活躍を見るとなんとなくからだを動かしたくなってしまいます。

    ・普段スポーツにあまり興味がない人もオリンピックは気になってしまう
    スポーツに関心があってもなくてもつい惹かれてしまうオリンピック、不思議ですね。

    まとめ

    オリンピックあるある、いかがでしたか?オリンピックはたくさんの人が見たり応援したりしている分、いろんなあるあるが共有できると思います。みんなで考えてみるのも楽しいかもしれません!オリンピックのひとつの楽しみとして、ぜひ共有していただけたらなと思います。
    2020年の東京オリンピックも楽しみですね!

    【関連記事】
    平昌冬季オリンピック編⑥-1カーリング(競技特性と歴史)

    平昌冬季オリンピック編⑦-1アルペン競技特性と歴史

    平昌冬季オリンピック編⑧-1″クロスカントリー”に詳しくなろう!!(クロスカントリーの歴史や醍醐味)

    1282 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120706 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19575 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18823 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11180 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views

人気のキーワード