体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

トレーニング, 指導案

知って得するバレーボール上達テクニック②レシーブ編

1249 views

はじめに

バレーボールには「ボールを繋ぐ」というテーマがあります。
繋ぐ第一歩がレシーブです。どんなに強いスパイクを打たれてもレシーブさえすれば相手チームに点数が入ることはありません。
そこで今回はレシーブに重点を置いてご紹介いたします。

レシーブにはどのくらいの種類があるか

【アンダーハンドレシーブ】
アンダーハンドレシーブは奥が深く、また基礎を固めることで格段に技術が上がるレシーブです。
アンダーハンドレシーブを上手くするコツは膝にあります。
ボールが飛んで来たら、まずレシーブ出来るポジショニングに入り手をアンダーハンドレシーブの構えにします。
後は手の間にボールを当てるようにし、膝でセッターに持っていくよう調整します。
くれぐれも手を振ったり、手だけで持っていかないようにしてください。
軸がずれボールが変な方向へと飛ぶ確率が高くなってしまいます。

【オーバーハンドレシーブ】
オーバーハンドレシーブは一般的に肩より高いボールが来た時に使うレシーブとされています。
オーバーハンドレシーブを上手くするコツはボールを跳ね返す位置にあります。
ボールが来たらポジショニングに入り、額の斜め前辺りでレシーブの構えをし膝でセッターに跳ね返します。
くれぐれも頭頂部であったり、ポジショニングの位置を間違えないよう心掛けてください。
また突き指しないよう指先に力を入れておく事をオススメ致します。

レシーブ上達練習メニュー

【反復トス上げ】
これは一人で出来る一番手軽で効果的なトレーニング法です。
やり方は簡単でリフティングのバレーボール版といった認識で大丈夫です。
ボールを頭上に上げオーバーハンドレシーブ、アンダーハンドレシーブで50回ずつ落とさないようトスし続けます。
この練習法は正確なレシーブの姿勢を身につけるのとバレーボールに慣れるといった二つの目的があります。
ボクシングでいうジャブ練習、野球でいう素振りといった基礎中の基礎トレーニングになりますので欠かさずやる事をオススメ致します。

【バレーキャッチボール】
これはバレーボールでキャッチボールをするといったイメージで大丈夫です。
スピードの速い球に慣れるのと、飛んでくるボールの位置によってポジショニングを変えなければキャッチ出来ないボールもあるので、スパイクレシーブを行う前の準備運動に持って来いの練習です。

【1対1】
レシーブする側とボールを投げる側に別れます。
投げる側はレシーブ出来なさそうで出来る位置に投げることに心がけましょう。
レシーブの有無に関わらずボールが床に落ちた時点で、またレシーブが出来なさそうで出来る位置に投げます。
これを繰り返すことによりレシーブで大切な反射神経と落とさない力が身につきます。
やってみると面白いので是非オススメ致します。

【3対1】
これは先ほどご紹介した1対1の三人バージョンになります。
レシーブする側を3人にし投げるを1人にします。

投げる側は譲り合いしそうな場所に投げたり、一人だったらセッターに返せない場所に投げる事を心がけましょう。
レシーブする側は声を出し合い接触に注意しレシーブし、またレシーブしない時はフォロー出来る場所に動くよう心がけましょう。
実践に近いレシーブの練習が出来るので凄くお勧めです。

まとめ

バレーボールの基本的なレシーブ方法は2種類しかないので練習すればするほど上手くなります。またワンハンドレシーブや跳ね返しレシーブなど特殊なレシーブは他にもありますが、これらも基本的な考え方は2種類のレシーブでご紹介した考え方と同じなので、まずは2種類のレシーブを極めてみてはいかがでしょうか。
レシーブ上達を心からお祈り申し上げます。

【関連記事】
バレーボール指導案①~特性・指導・評価について~

バレーボール指導案②~技と練習方法~

体幹の深層部「インナーユニット」のトレーニング方法


関連記事

お子さんの栄養素足りてますか?
お友達と比べて背が低い子どもならば、今から対策しないと後悔します。
シェイクックは今なら特別に半額!

▼詳細はこちら▼

指導案の最新記事

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 311843 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 48158 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 46664 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 28879 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 25329 views

人気のキーワード


カテゴリー