体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

眠くならない保健体育のススメ⑤感染症

512 views

はじめに

日本の健康問題は、感染症から生活習慣病へと変化してきています。しかし、近年すでに駆除されたと思われていた感染症が再び問題となってきていたり、新たな感染症が出てきたり、医薬品に耐性を持った菌が現れたりと今もなお脅威を与えています。再興感染症のみならず新興感染症も国際交流や流通経済の発展によって、誰でも、いつでも、どこでも発生する環境が整ってきてしまっています。

再興感染症の問題について

日本においての3大死亡原因は「ガン」「心臓病」「脳卒中」ですが、全世界的な死亡原因を見てみると1位が「感染症」、2位が「心臓病」、3位が「ガン」となっています。世界規模でみると今でも感染症は脅威を持った病気なのです。中でも結核が挙げられます。高齢者の割合が増加しており、若い頃結核に感染していた方が、免疫力の低下などの理由により、再発するといったことや、若者の増加も目立っています。多くの若者は結核が沈静化した後の時代に生まれており、結核菌に対する免疫力が無いことから、海外旅行などがきっかけで容易に結核菌に感染してしまうのです。

新興感染症の問題について

SARSウィルスが中国で発生し、半年以内に30ヶ国もの間で感染が報告された背景として、国際交流や流通経済の発展により人や物が短時間に長距離移動できてしまうといった環境が整ってしまったことで、潜伏期間に他国へ移動できてしまったことが原因と捉えられています。他には、地球温暖化によって、ウィルスを媒介する蚊の生息範囲が急激に広がったこと、熱帯雨林の伐採によって未知の新たな病原体と出会う機会が増えてきたことなどが挙げられます。

まとめ

一度は治まったと考えられていた再興感染症である結核もまた感染症として猛威を振るう危険性があることが予測できます。また、SARSなどの新興感染症である感染症も、現在の流通の流れの速さを鑑みるに危険はあると予測ができるかと思います。

【関連記事】
眠くならない保健体育のススメ⑥薬物乱用

眠くならない保健体育のススメ⑦防災

眠くならない保健体育のススメ⑧防犯対策


関連記事

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 673 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 843 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 529 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120700 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120701 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19574 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18823 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11179 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views

人気のキーワード


カテゴリー