体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

眠くならない保健体育のススメ①飲酒

452 views

はじめに

幼稚園、小中学生、高校生の子どもたちのお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんがお酒を飲んだときにどういった状態になるのかを考えてみましょう。適度な飲酒は食欲を増進させ、ストレスを軽減させる作用があります。酩酊状態になるまで飲んでしまうと、健康を害し、家庭崩壊、職を失う、社会人としての信用をなくすといったことにまで発展しかねない問題です。

アルコールの大量飲酒による影響

「イッキ飲み」防止について、なぜ防止がされているのでしょうか。喫煙のきっかけは好奇心が最も多く、ドラマ放送での喫煙の様子やタバコの広告や宣伝がその誘因となります。イッキ飲みの悪いところは、一度に大量のアルコールが体内に摂取されると、脳の麻痺が進んで呼吸中枢が働かなくなることにあります。自分の体質や限界量を知らずに、限界値を超えた量を飲んでしまうと、死をまねく危険もあります。アルコールが摂取できる体質かどうかは、アルコールパッチテストで知ることができます。アルデヒド脱水素酵素2型の有無や活性は遺伝子の問題であり、日本人は遺伝的に少ないとされています。

未成年者の飲酒が禁じられている理由

未成年者の飲酒に関してまだまだ寛容な部分があるが、未成年の飲酒に関する全国調査(2000年)の結果より、中学生の段階から徐々に家族に飲酒の練習をさせてもらい、高校になると自由に飲酒しているという実態が浮かび上がってきます。しかし、発展途上にある未成年者の飲酒は、その発育に影響を与えかねません。飲酒を始める時期が早いと飲酒の習慣がついて、アルコール依存症になる可能性が高くなります。一回、アルコール依存症と診断されると、その治療は一生かかるものとなり、まともな職業生活、社会生活を送れなくなる可能性があります。長期に渡って飲酒を続けていると肝臓や胃腸に障害を及ぼす原因となるので、飲酒に際して、適切な知識と適量を知っておくことが大切となるのです。

まとめ

イッキ飲みの弊害として、その行為が死に至る場合もあることがわかりました。お酒を飲める体質化どうかはアルコールパッチテストを行うことで知ることができます。未成年の飲酒に関しては、身体が発展途上のときの飲酒が与える影響を考えると芳しく無い習慣であることがわかります。将来社会に出ることを考えると、お酒の付き合いというのを覚えなければならないのもわかりますが、アルコール依存症にならないよう適度な飲酒で終わらせるという知識を覚えることのほうが大切です。

【関連記事】
眠くならない保健体育のススメ②タバコ

眠くならない保健体育のススメ③性教育

眠くならない保健体育のススメ④健康とは


関連記事

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 673 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 843 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 529 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120707 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120708 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19575 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18823 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11180 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views

人気のキーワード


カテゴリー