体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

分かりやすい水泳の指導ポイント~小学校高学年④~「クロールのストローク」

1049 views

はじめに

この記事は、分かりやすい水泳の指導ポイント~小学校高学年③~「クロールの呼吸法のコツ⑶」の続きです。

クロールのストロークについて

クロールは、「ストローク(手の動き)」と「キック(足の動き)」と「息継ぎ」から成り立ちます。今回は、その中でも「ストローク(手の動き)」についてポイントなどを交えながら詳しく説明していきます。

ストロークのやり方そのもの自体も、実は3種類あり(ストレートプル・C字プル・S字プル)ますが、今回は最もポピュラーなS字プルについて説明していきます。

クロールのストロークを動きごとに分解する

クロールのストロークは、動きをそれぞれ分解していくとより綺麗に無駄がない状態で水を押すことが出来るかが分かるようになります。

そして、クロールのストロークはそれぞれ6つの段階に分けることが出来ます。

⑴エントリー

⑵キャッチ

⑶プル

⑷プッシュ

⑸フィニッシュ

⑹リカバリー

です。

それでは、それぞれの動きの特徴について説明していきます。

⑴エントリー

水中に手が入る瞬間の動作を指します。

ポイントは、水面下の斜め前方に指先を伸ばして突き出すことです。

水中に入った後、その手を前方に伸ばそうとイメージするほど良いフォームになります。

⑵キャッチ

エントリーした手を下に動かし始める動作を指します。

ポイントは、手のひらで水を下に押すイメージを持つことです。

⑶プル

手のひらを後ろに向かって水をかく動作を指します。

ポイントは、肘を90度より少し広いぐらいに曲げて、キャッチした水を胸の下へ引き寄せるイメージで腕を動かすことです。

⑷プッシュ

手がおへそから太ももに触れるくらいまでの動作を指します。

ポイントは、手のひらを後ろに向けて、太ももの外側へ水を押し出すイメージを持つことです。

この⑶プルから⑷プッシュにかけての動きが、最も重要になります。

⑸フィニッシュ

手が太ももに触れたときから水面上に上がるまでの動作を指します。

ポイントは、次のリカバリーに向けて肘→前腕→手の順番に水面上に上げていくことです。

⑹リカバリー

腕が水面上からエントリーに入るまでの動作を指します。

ポイントは、なるべくリラックスして腕をあげることに無駄な力を使わないようにすることです。

以上、ストロークの動きを細かく分析して、よりスムーズに無駄がなく、またより早いスピードで泳ぐことが出来るようになることを心がけさせましょう。

【関連記事】
分かりやすい水泳の指導ポイント~小学校高学年⑤~「クロールのキック」
分かりやすい水泳の指導ポイント~小学校高学年⑥~「平泳ぎの呼吸法のコツ」
クロールが泳げるようになるコツ①

【参考文献】


関連記事

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8736 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 673 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 843 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 528 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120649 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120650 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19562 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18821 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11172 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8736 views

人気のキーワード


カテゴリー