体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案, 未分類

中学生の皆へ 何故未成年のタバコが注意されるのか

574 views

はじめに

1930年以降、黄金期を迎えたハリウッド映画は次々に煙草を吸うキャラクターを銀幕に登場させます。その姿は芸術的とも言えるカッコ良さ・美しさがあり、一般市民はその姿を少しでも真似しようと努めます。そのような流れで全世界に幅広く普及した喫煙の文化ですが、近年はその中毒性や身体ダメージが強く警鐘されています。特に未成年の喫煙はとても危険です。今回はその「未成年と喫煙」に関するお話を致しましょう。

成分ダメージ

煙草には「ニコチン・一酸化炭素・シアン化水素」といった成分を含有します。煙草を吸うと肺を中心とした各機関がこれらの成分を吸収します。ニコチンは少量であれば神経の緩和機能があり、コーヒーのような覚醒成分とは真逆の「気分が落ち着く」という効果が得られます。しかしニコチン等の諸成分の臓器に対する悪影響が強く、長期間で大量の喫煙が器官の弱体や不具合を引き起こす原因になるのです。成長途中の未成年の喫煙は更にその悪影響を強めてしまいます。

肺がんリスク

近年の研究では喫煙者の悪性症状として、特に肺がんのリスクが指摘されています。喫煙開始年代別に見た肺がんの死亡率のデータに次のようなものがあります。非喫煙者を「1」とした場合、「35歳~1.5倍」「30~34歳2.6倍」「25~29歳3.9倍」「20~24歳4.7倍」「~19歳5.7倍」という数字になるのだそうです。19歳前に喫煙習慣を始めてしまった人は、煙草を吸わない人の6倍近くも肺がんを発症し命を落としている、というデータなのです。

日常的支障

死に至らないまでも、未成年の喫煙は呼吸器へ大きなダメージを負わせます。「風邪を引きやすい」「スタミナが無くなる(すぐに息切れをしてしまう)」「感情が不安定になる」「肌が荒れる」「生理不順に陥る」等々、様々な健康リスクが日常の生活に混乱と疲弊を与えてしまうのです。身体面のみならず、将来的には経済的な問題(タバコを生涯吸うと数百万~一千万円超の費用が掛かる)、公共的な問題(喫煙場所の検索や嫌煙家の人との付き合い)も生じます。はっきり言って、未成年時から喫煙を開始する事には明確なメリットというものがありません。

まとめ

以上が未成年と喫煙に関するお話でした。未成年の喫煙習慣は百害あって一利なしですから、止めておく事を推奨します。

【関連記事】
中学生の皆へ 何故スカートが短いと駄目だと言われるのか

鉄棒遊びとリレー遊びの4つの特徴

世界ゆるスポーツ協会って知ってる?


関連記事

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8740 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 673 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 843 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 530 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120723 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120724 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19575 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18824 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11181 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8740 views

人気のキーワード


カテゴリー