体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

中学実習生のためのシンプル指導案②創作ダンス基礎知識

766 views

はじめに

2008年3月28日の中学校学習指導要領の改定によって導入された必修科目「武道・ダンス」。このうちダンスは「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムのダンス」によって構成されています。「創作ダンス」は創作とは言いながら、基本的な要素としての各種動作が存在する競技です。学生側は、そうした基本的要素を知識として把握しておく必要があります。というわけで、今回はこの創作ダンスの基礎知識についてお話を致しましょう。

創作ダンスの意味

そもそも、「創作ダンス」とは何なのか。これは文字通り創作を主体としたダンス動作であり、生徒たちが特定のテーマに沿った身体動作を考える点に特徴があります。大小・躍動感・造形といった様々な点の要素を融合し、線の作品として表現する事が最終目標です。そうした経験値や思考面ではない実益としては筋持久力の向上も測れます。

ステップ

どのような文化創造の作業にも言える事ですが、最初から「完全なオリジナリティ」を表現できる人は極めて限られています。一般的な創作は既存のブロックを学び、そのブロックに自分の個性を加えるという流れを取ります。創作ダンスも同様で、最初から斬新な動きを創るのではなく、すでにある動き(ステップ・流れ・演出等)を会得しておく事が肝心となります。たとえば基本ステップとしては「ポップコーン」「クロスター」「サイドリープ」「ダブルロック」「スポンジボブ」「Tステップ」「ランニングマン」「ドラムンベースステップ」といったものがあります。

スポンジボブ


一例として、スポンジボブ・ステップを取り上げてみましょう。こちらはアメリカの有名アニメ『スポンジボブ』におけるキャラクターの動きから派生したダンスステップです。身体動作としては「片足ずつ前後に折り曲げる」という至ってシンプルなものですが、非常に軽快でクールで印象を醸し出します。一連のダンス表現が重たく感じるようなら、このような軽いステップで風穴を開けてみると良いかもしれません。

まとめ

以上が創作ダンスの基礎知識に関するお話でした。既存のステップや流れを学び、表現に活かしていきましょう。

【関連記事】
中学実習生のためのシンプル指導案③創作ダンス基本練習メニュー

中学実習生のためのシンプル指導案④創作ダンス参考動画

中学実習生のためのシンプル指導案⑤創作ダンス実技テスト


関連記事

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8736 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 673 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 843 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 528 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120658 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120659 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19564 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18822 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11173 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8736 views

人気のキーワード


カテゴリー