体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

未分類

ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方

13304 views

はじめに

みなさんはドッチボールの試合で、相手の攻撃に乱され追い込まれた経験が1度はありますよね?
そんな時どういう対処をしていましたか?
今回はドッチボールで追い込まれた時の逃げ方についていくつか説明していきます。

ドッチボールの逃げ方①

1つ目は中腰の姿勢を取ること。
腰が高いとボールが当たる身体の面積が広くなり、当たる確率が高くなるため中腰の姿勢を取ることがおすすめです。
また膝を曲げているため、次の動作に移りやすいこともメリットの1つです。
ドッチボールは1つのプレーに毎回反応して動かないといけないため、重要な姿勢になります。

ドッチボールの逃げ方②

2つ目は投げる選手の利き手の反対方向に逃げること。
投げる選手が右利きの場合、ボールは投げる腕は投げる人の向かって右側に振り下ろします。
そのため同じ方向に逃げると、投げる人はボールが手から離れる直前までボールをコントロールして狙うことができ、当たる確率が上がります。
なので、反対に逃げることで細かいコントロールができなくなり、当たりにくくなります。
左利きの場合は右側に逃げると良いことになります。

ドッチボールの逃げ方③

ドッチボールをする時に逃げ方として1番やってはいけないことは相手に背中を向けて逃げること。
背中を向けるとボールを視界から外すことになり避けることが不可能になります。
そのため当たる確率がかなり高くなります。
なので、逃げる時は必ずボールの方を向いて下がったり、避けたりしないといけません。
またボールが飛んでくる位置によってかがんで避けたり、ジャンプして避けたり、交わしたりしないといけません。
ボールの軌道や回転を瞬時に見極めて、プレーする能力が必要。

まとめ

ドッチボールの逃げ方についていくつか紹介をしました。
攻撃をすることも大事ですが、自分自身を守ることも時には大事です。
両方の能力を兼ね備えなければならないので、是非実践して力をつけていってほしいです。

【関連記事】
ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること

ボール遊び指導案-小学1年生対象特性と実態

倒立前転を楽しくするコツ


関連記事

指導案の最新記事

  • 未分類

    中学実習生のためのシンプル指導案①ソフトボール導入 1338 views
  • 未分類

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤マラソン実技テスト 945 views
  • 指導案, 未分類

    スパイクか?アタックか?攻撃技の名前に違いはあるの? 485 views
  • 未分類

    ドッチボール戦術③内野が少ない時にできること 458 views
  • 未分類

    ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 13304 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 144443 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 23024 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 21369 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 13305 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 10813 views

人気のキーワード


カテゴリー