体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

トレーニング, 指導案

ゼロから始める跳び箱入門④開脚跳びができない原因

633 views

はじめに

跳び箱の基本の技といえば開脚跳び。基本の技でも、綺麗にパッと足を開いて跳び箱を跳べたらかっこいいですよね。でも跳び箱を越えられず跳び箱の上に座り込んでしまうなどの失敗はよく見受けられます。何故失敗してしまうんでしょうか!開脚跳びに失敗してしまうポイントはいくつかあるのでそれを紹介します。

助走~踏み切りでの問題点

・助走の距離が適切でない
助走は短すぎても長すぎてもいけません。跳び箱の高さにもよりますが、最初は大体5~6m程度の助走で大丈夫だと思います。勢いだけがあってもだめですし、なさすぎてもだめです。ひとによって踏み切りまでに丁度良い距離も違うと思うので、色々試して探してみてください。助走の質は踏み切りに関係します。

・踏み切りがきちんとできていない
踏み切りはロイター板の奥の方を踏んで行います。ロイター板の手前で片足で跳び、そのポイントをめがけて両足で着地、力強く踏み切り前へ跳びます。

助走→踏み切りの流れをロイター板のみで練習して助走の距離と踏み切りまでのリズムの感覚を掴みましょう。

着手に問題がある

ロイター板で踏み切ったあとは跳び箱に手をつきます。まず跳べない時は手をついている位置を確認しましょう。しっかり奥の方についていますか?腕を伸ばし跳び箱の奥の方に手をつかないと跳べません。
しかしただ手をつくだけでは跳べません。うまいこと体重移動する必要があります。その感覚を身につけるために、以前準備運動で紹介した馬跳びや、その後紹介したウォーミングアップを行いましょう。

精神的な問題

特に初めての場合は跳び箱をより怖く感じると思います。助走したくてもつい勢いを弱めてしまったり、踏み切りも強くできなかったり。その場合はロイター板なしで踏み切り板を用いて低い跳び箱からチャレンジして段々高くしたり、やわらかい跳び箱を用いて失敗したら痛いという恐怖を取り除くなどして少しずつ跳び箱に慣らさせましょう。

まとめ

開脚跳びは技術的に言うと除草、踏み切り、着手の三つのポイントをしっかり押さえれば簡単に跳ぶことができます。自分ではそのポイントを確認できないので友達同士で確認して指摘しあうのも楽しいですよ!
跳べない原因には繋がりませんが、最後の着地ももちろん大切です。失敗すると怪我の原因になります。跳び箱をする際はふざけずに全て抜かりなく。程よく緊張感を持って楽しくやりましょう!

【関連記事】
【中学校の授業】基本を抑えよう、跳び箱開脚跳

跳び箱遊び指導案-小学2年生対象特性と実態

体操の基本練習①柔軟体操その1


関連記事

指導案の最新記事

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120702 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19575 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18823 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11179 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views

人気のキーワード


カテゴリー