体育の教え方を学習指導案をもとにご紹介 体育に特化した
教育情報サイト「さとし」

指導案

【小学校】運動会の代名詞〜綱引き〜

1692 views

はじめに

シンプルで、やって楽しく、観ていて面白い綱引きは、チームワークの重要性やコミュニケーションの形成にも役立つ競技です。運動会でのイメージが強いですが、なんと過去にはオリンピックの正式種目にもなったんだとか?その秘密を探ってみましょう。

綱引きのルーツとは?

綱引といえば、運動会での一種目というイメージが強いですが、古来より世界各地で様々な方法で行われていたことが起源とされています。例えば、豊作を祈る行事、争いごとを鎮める手段、領土を獲得する方法 ・日本でも豊作、豊漁を祈願する神事として各地で行われてきました。

「いつでも」「どこでも」「だれでも」参加できるスポーツ として、小中高等学校、企業の運動会や地域のレクリエーションで行われているのが主流ですが、日本綱引連盟を軸とし、競技としての綱引も広く行われています。

1980年、スポーツ競技としての綱引が日本に紹介され、翌年から全国大会が主催されるようになり、なんと過去にはオリンピックの正式種目として綱引きが取り入れられています。(・第2回パリ大会(1900 年)から第 7 回アントワープ大会(1920 年)まで )
現在も世界的な大会は続いており、世界インドア綱引選手権大会(2004 年スコットランド)では男女共に日本が金メダルを獲得するほど。体育の授業の幅を超えて世界までいっているのには驚きですね。

日本全国のすごい綱引き

▼全国最大規模の大曲(秋田県)の大綱引
現在でも行われている伝統的な秋田県の行事です。


(https://www.youtube.com/watch?v=lL3RjN62lOI)

▼こんな角度の綱引きは見たことない!
2015全日本綱引選手権大会(男子決勝)のようすです。


(https://youtu.be/cHLBeMMdrug?t=12m43s)

▼那覇大綱引きの様子
沖縄県那覇市にて、毎年10月に行われる恒例行事です。


(https://www.youtube.com/watch?v=GgiuGcsB7bY)

▼綱引きの世界大会
2016年に行われた世界大会の様子。日本勢頑張ってますね!


(https://youtu.be/OF5CzqVYv4A?t=1m14s)

▼綱引きで負けない必勝方法
身体を正面にして綱にもたれかかるのがいいのだとか。確かに全日本の綱引大会の様子を見ると、みんな正面を向いていますね。


(https://www.youtube.com/watch?v=coVgCHwYsNg)

さいごに

調べてみると、綱引きには他ジャンルがあることも分かりました。1本の綱ではなく2本の綱をクロスさせるか4本の綱を使用し、4方向から同時に綱を引く「四方綱引」。出雲が発祥で全国大会も開催されているように、あらゆる地域で伝統文化として綱引きが残っていることが分かります。シンプルだからこそ、勝敗を決めるのが面白い綱引き。

年一回の運動会に限らず、祭りや地域イベントなど生活に触れる機会がもっと増えればいい【小学校】運動会の代名詞〜リレー編〜
【小学校】運動会の代名詞〜組体操編〜

【関連記事】
【小学校】運動会の代名詞〜騎馬戦〜
【小学校】運動会の代名詞〜リレー編〜
【小学校】運動会の代名詞〜組体操編〜


関連記事

指導案の最新記事

  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案②ハードル走基礎知識 673 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案③ハードル走基本練習メニュー 843 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案④ハードル走テクニック動画集 529 views
  • 指導案

    中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120698 views

よく読まれる記事

  • 中学実習生のためのシンプル指導案⑤ハードル走実技テスト 120699 views
  • ゼロから始める跳び箱入門③ウォーミングアップ 19573 views
  • 倒立前転を楽しくするコツ 18823 views
  • ドッチボール戦術②追い込まれた時の逃げ方 11179 views
  • 中学実習生のためのシンプル指導案①ハードル走導入 8738 views

人気のキーワード


カテゴリー